ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 小学6年生の娘の夢をどう見守る?子ども時代の経験からわが子にしてあげたいこと

小学6年生の娘の夢をどう見守る?子ども時代の経験からわが子にしてあげたいこと

3

2019年07月17日 21:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ




子どもの夢の見守り方_002

子どもの夢の見守り方_003



子どもの夢の見守り方_004

この世の中にはいろんな人がいて、いろんな選択肢があると娘に教えてあげたいと思います。たとえ、それこそ才能が足らず、その世界では開花しなかったとしても、娘が絵が好きで毎日努力することはきっと何かに繋がると思います。直接、その世界に繋がらなくても、彼女の生きる道に必ず生きてくるんじゃないかな? と思います。それに、一生の生きがいになるかもしれません。絵が仕事にならなくてもいいと思います。娘の「好きなこと」の1つになれば、それは素晴らしいことだと思うのです。

何かを頑張る時、背中を押してくれる人がいなければ人は頑張り続けることはできません。子どもが前に進む時に、力になれるような夢の見守り方をしていきたいなぁと思う日々です。そして失敗したり、挫折したりした時も、立ち上がって前に進めるように支えてあげたいと思います。

文、イラスト・久坂さくら

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 出来れば学校の勉強はしっかりやっておいた方が良い。夢をあきらめた時、勉強した努力と知識は残っているからな。
    • イイネ!6
    • コメント 0件
  • 出来れば学校の勉強はしっかりやっておいた方が良い。夢をあきらめた時、勉強した努力と知識は残っているからな。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定