ホーム > mixiニュース > トレンド > タカラトミー、鉄道博物館「プラレール」60周年記念展 - 7/19から

タカラトミー、鉄道博物館「プラレール」60周年記念展 - 7/19から

2

2019年07月17日 21:32  マイナビニュース

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」が今年で発売60周年を迎えたことを記念し、「プラレール」60周年記念展「プラレール博物館 〜昭和・平成・そして令和へ プラレールの歴史〜」を鉄道博物館にて7月19日から9月1日まで開催する。

「プラレール」の歴史紹介では、昭和・平成を駆け抜けた「プラレール」の歴史、令和を迎えた現在と未来について、本物の鉄道に関する展示も交えつつ、鉄道博物館の学芸員や「プラレール」担当者の解説付きで展示する。「プラレール」の原型となる「プラスチック汽車・レールセット」(1959年)をはじめ、約40点以上が展示される。

特別展示「プラレールができるまで」では、「プラレール」の令和初のセット商品でもある「プラレール」60周年記念商品「レールも! 車両も! 情景も! 60周年ベストセレクションセット」に含まれるオリジナル車両「レッドフライナー」を例に、「プラレール」ができるまでの過程をスケッチや試作品とともに紹介。仕様決定前に作られた4段階の試作品も、イベント限定で特別に見ることができる。

「鉄道博物館×プラレール」コラボ展示では、「E5系新幹線はやぶさ」と「E235系山手線」に焦点を当て、鉄道博物館に収蔵されている貴重な資料と「プラレール」の開発資料を並べて展示。「E5系新幹線はやぶさ」の展示では、「ファステック360S」から現在発売中の「E5系新幹線はやぶさ」に至るまでの「プラレール」の変遷を見ることができる。「E235系山手線」の展示では、「プラレール」ができるまでの詳細な製造工程を学びながら、鉄道博物館でしか見られない山手線にまつわる展示を楽しめる。

開催期間中、本館1階エントランス付近に「E5系新幹線はやぶさ」の形を「青いレール」で再現した幅約3,600mmの大型のプラレールジオラマ「E5系新幹線はやぶさ プラレール車両ジオラマ」を初展示。他にも現在発売中の「プラレール」アイテム約100点以上を実物で見られる巨大カタログとして一斉に展示され、タカラトミーの「プラレール」チームが思い描く「未来の駅舎」を「プラレール」オリジナルの架空の鉄道会社「プラレール鉄道」の駅として再現したジオラマの展示などが行われる。(木下健児)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定