ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 実写版『キム・ポッシブル』セイディ・スタンリーからメッセージ到着

実写版『キム・ポッシブル』セイディ・スタンリーからメッセージ到着

1

2019年07月17日 22:47  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『キム・ポッシブル』キム・ ポッシブル役セイディ・スタンリー(C)Disney
ディズニー・チャンネル・オリジナル・ムービー『キム・ポッシブル』キム・ ポッシブル役セイディ・スタンリー(C)Disney
 2000年代に大ヒットしたアニメーションシリーズの実写版テレビ映画『キム・ポッシブル』が今月26日(後6:15〜7:45)、ディズニー・チャンネルで日本初放送される。主人公の女子高生スーパーヒーロー、キム・ポッシブル役のセイディ・スタンリーからコメントが到着した。

【画像】2000年代に大ヒットしたテレビアニメーション

 セイディは、オーディションを勝ち抜いた17歳のシンデレラガール。「小さい時に観ていた大好きなアニメだから、役をもらった時はうれしさや興奮と緊張が混ざりあったような気分で、その後、世界中のファンからお祝いのコメントが届いた時はとても不思議な感覚になったの」と、話している。

 空を飛んだり、棒術を駆使した戦闘シーンなど迫力のアクションシーンについては、「キムはかっこいいファイターだからアクションシーンが多かったの。だから、役作りのために3週間テコンドーを習ったのよ。それだけじゃなくて、撮影の前には1ヶ月のスタントトレーニングも受けた」そう。

 日本向けにコメントを求めると、「撮影現場に日本から2人のファンが訪れてくれた時は本当にうれしかったわ! 私もいつか日本にも行ってみたい、と思ってるの。日本のファンの皆さん、ぜひ『キム・ポッシブル』を楽しんでください!」と応じた。

 2003年から日本でも放送されていた、女子高生スーパーヒーローが世界を股にかけて活躍するアニメーションシリーズを実写化した本作は、キムの高校初登校日から始まる。遅刻して先生に注意されたり、部活動の入部テストでひどい目にあったりと、散々なハイスクールライフの出だしとなる。

 スーパーヒーローとしては“ポッシブル”という名の通り、どんな困難な状況も乗り越えてきたキムが、普段の生活では全てが裏目に出て悩む、等身大のティーンの姿をも見せながら、チームの絆で乗り越えていく。相棒のロンと彼のペットとなるハダカデバネズミのルーファスの出会いも見どころ。

 普通の女子高生らしい姿からアクションたっぷりのスパイミッションまで、オリジナルの魅力そのままに、全てがパワーフルに描かれる。ディズニー・チャンネルは、全国のケーブルテレビおよびBS ・ CS 放送などで視聴できる。

■『キム・ポッシブル』あらすじ
 ミドルトン高校初登校の日、ティーンヒーローのキム・ポッシブルと助手のロン・ストッパブルは、ホームルームに遅刻して早速先生から目を付けられてしまう。放課後にサッカー部のトライアウトを受けたキムは、意地悪な部長ボニーのせいで用具係として使われることに。高校生活は世界を救うほど簡単にはいかないようだ。その頃、刑務所にいる邪悪なドラッケンが、シーゴーの助けで脱獄。キムへの復讐計画を実行に移そうとしていた。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定