ホーム > mixiニュース > 海外 > IAEA天野事務局長が辞意表明

IAEA天野事務局長、任期前の辞意表明 健康上の理由=外交筋

13

2019年07月18日 00:54  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ウィーン 17日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長(72)が任期前の来年3月にも辞任する意向を示している。外交筋が17日、明らかにした。健康上の理由だという。


事務局長の任期は4年。2017年に再任された天野氏は現在3期目で、任期終了は21年11月30日。


後任の選出にはIAEA全加盟国で構成される総会による承認が必要。通常は毎年9月に総会の年次会合が開催される。


後任となる可能性が高いのは、過去に天野氏と事務局長職を争うと予想されていたものの、立候補しなかったアルゼンチンのラファエル・グロッシIAEA大使か、IAEA主任調整官であるルーマニアのコーネル・フェルタ氏とみられる。

このニュースに関するつぶやき

  • 訃報が来ました。このニュースで天野氏と日本を貶めて喜んでいたパヨク放射脳こそ、タヒねばよかったのに・・・ご冥福をお祈りいたします。
    • イイネ!7
    • コメント 0件
  • もう72だからでしょうね。普通なら引退する年齢。なのにパヨク放射脳はこんなニュースでも日本と原子力行政を批判・・・あいつら本当に日本が嫌いなんでしょうねえ。
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(9件)

あなたにおすすめ

ニュース設定