ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 夏休み、子どもを旅行に連れていかないのは「可哀想」?価値観を押し付けられて困る

夏休み、子どもを旅行に連れていかないのは「可哀想」?価値観を押し付けられて困る

5

2019年07月18日 06:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

長期休暇は、家族で旅行をする絶好のチャンス。旅行が好きな方は、こぞってお出かけをするタイミングではないでしょうか。しかし旅行はもちろんステキですが、お家でのんびりと過ごすのもまたひとつの選択です。今回は、夏休みの過ごし方をめぐってモヤモヤすることを言われてしまった……と嘆くママさんの投稿をご紹介しましょう。
『「夏休みはどこか行かないの?」「家族で思い出作りに出かけたりするのは大事だよ。安いところを探せば、1泊7千円の宿とかもあるよ〜。」と、職場の人に子どもを旅行に連れていったことがないのを批判される。1泊7千円だって、プラスで交通費や他にもお金がかかってそれが4人分とかになればお金がないし。自分だって旦那だって仕事があり、子どもがは部活があるからそんな余裕もない。でも、それを言っても理解してもらえなくてストレス。相手の気持ちも分かるけどさ。話せば納得してもらえるのかな?』
同じ職場の方から、「夏休みに子どもを旅行に連れていっては?」と提案された投稿者さん。金銭的、また時間的な問題で旅行には行かないと決めていたにも拘らずそんなことを言われ、嫌な気分になってしまったと話してくれました。

「子どもを旅行に連れていかなくて可哀想」いるいる!ママたちの共感の嵐


『いるねー、そういう人。ディズニーとかも「連れていってあげなくて可哀想、連れていってあげたいくらい……」とか余計なお世話』
『自分たちが行っているからって、それが当たり前みたいな人いるよね。そういう人は何を言っても納得しないような気がする』
ママたちからたくさん声があがったのは、「自分の周りにもいる!」と投稿者さんに共感する意見でした。中には、「"可哀想"なんて余計なお世話!」と憤慨するママさんも。自分たちの休暇の過ごし方がスタンダードだと思っている方も、少なくないのかもしれませんね。

あまりにも目に余るならば、言い返してみては?

『「部活があると、みんなの予定を合わせるのって難しいよね〜」って棒読みで返事してりゃいいよ』
『この間そういう話になって、いちばん納得した説明が「部屋割りがキツイ」だったよ。子どもたちも大きくなり、親と同じ部屋は嫌がるし、ふた部屋に分けるとしても私も今さら旦那と2人で同じ部屋は絶対に嫌だから、旅行にはいかないって言ってた』
『そういう人には、「○○さんは夏休みはどこに行くんですか? わー! すごい! 素敵ですね! いちばんお気に入りの場所ってどこですか? いいなぁ。」って、相手の話をひたすら聞いてあげるといいよ。自分の話をしたくて言ってくる人も多いから』
相手の言動がどうしても気に障るのならば、うまく言い返すのもひとつの手だとアドバイスしてくれたママたちもいました。内容はそれぞれで、「部活があるから難しい」「部屋割りで悩む」など、いろいろなアイディアが集まりました。さらには、「相手の旅行の内容を詳しく聞いてみる」と聞き役に回ると答えてくれたママさんも。

気にすることはない!放っておく

『その方の価値観を押し付けられるので、ストレスですよね。わかってもらおうとしなくて、いいんじゃないかなと思います。経済的事情を伝えてもわかってくれないような理解力のない人なんだなぁと思って、その場を離れてみては』
『なんで納得させる必要があるの? 投稿者さんはその人が理解できないように、相手も投稿者さんを理解できないのだし、価値観の違いでしょ。お互いに押し付けあっても仕方ないじゃん』
『何て言おうか? なんて考えるだけ無駄。理解しようとしない相手だもの』
『納得なんてしてもらう必要ないでしょ? 「そうですねー行きたいですねー。そのうち予定を立てようかなぁ」くらいでよくない? 家庭によって優先順位も違う』
自分の家庭のことを、相手に無理やり理解させる必要もないとキッパリ断言したママたちも少なくありませんでした。家庭の事情や考え、優先順位はそれぞれ。それがわからない人には、理解してもらおうとするのも難しいのかもしれませんね。

思い出作りは旅行だけじゃない!無理にしなくてもOK


『うちも一緒に泊まりは、遠方の親戚の家に行ったくらいだなぁ。子どもだけだと、習いごとの夏キャンプに行かせたことはあるけど。私の職場は逆で、「頑張って連れていっても子どもは覚えてないよー、子ども自身で行きたいところがあったら、大きくなったら勝手に行っちゃうから大丈夫よ」と言われる』
『中学生になったら旅行に行けなくなると思って、連休や長期休暇には国内外あちこち連れまわし過ぎて、子どもに「旅行なんてしなくていいから、休みは家でゆっくり過ごしたい」って言われてしまったよ。何でもほどほどがいいね』
『気にしなければいいよ。自分の価値観を押し付ける人は無視。うちは夫婦揃って旅行が大好きだからよく行くけど、旅行が好きじゃないなら別に行かなくたって、他のことでも十分に素敵な思い出は作れるよ!』
「長期休暇の思い出作りは、旅行だけじゃない!」と話してくれたママたちもたくさんいました。家族でゆったりと過ごすのも、また忘れがたい瞬間になるもの。いちばん大切なのは、家族が仲良くかけがえのないひとときを過ごすことですよね。
長期休暇の過ごし方は、人それぞれ。旅行ももちろん素敵ですが、楽しく時間を過ごす方法はほかにもたくさんあります。せっかくの休暇、みなさんがそれぞれ忘れられない時間を過ごせますように。

文・motte 編集・しらたまよ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 今年の旅行計画をしてたときのこと。去年の子どもたちの一番の思いでは、旅行からの帰宅時間が遅くなり、コンビニでお弁当を買って食べたことだと知った(笑)
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • おはようございます。子供の有無に関係なく、休日の過ごし方を評価するなど愚の骨頂です。ディズニー行くのも、近所の居酒屋に行くのも、その人の自由です。色々あるよね。
    • イイネ!2
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(4件)

あなたにおすすめ

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定