ホーム > mixiニュース > 海外 > ピンクのモスクがキュート!イスタンブール新市街のおしゃれ港町「オルタキョイ」

ピンクのモスクがキュート!イスタンブール新市街のおしゃれ港町「オルタキョイ」

1

2019年07月18日 06:31  GOTRIP!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

GOTRIP!

写真写真

トルコ最大の都市、イスタンブール。アジアとヨーロッパにまたがる古都には、アヤソフィアやトプカプ宮殿など、世界的に有名な観光スポットを多数抱える旧市街はもとより、金角湾を挟んだ新市街にも、たくさんの見どころがあります。

それぞれに異なる表情をもつ、旧市街、新市街、アジア側を訪れてこそ、イスタンブールの新の魅力がわかるといえるでしょう。イスタンブール新市街で訪れたいスポットのひとつが、現地の若者に人気のオルタキョイ。

ボスポラス海峡に面した風光明媚な町で、週末に開かれるアクセサリーの露天や、トルコ式ベイクドポテト「クンピル」の屋台でも有名です。

オルタキョイ周辺は、地下鉄やトラムが通っていないので、バスの利用が基本。旧市街からは、トラムヴァイT1線で終点のカバタシュ下車。そこから25Eなどの市内バスに乗り換えて「カバタシュ・リセシ(Kabatas Lisesi)」へ。

バス停を降りて海側へと歩いていくと、すぐにオルタキョイの広場へと到着します。オルタキョイを象徴する風景といえば、ボスポラス大橋のたもとに建つ、白亜のオルタキョイ・メジディエ・ジャーミィ。

スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)やスュレイマニエ・ジャーミィといった、旧市街のモスクとは違った雰囲気をもつバロック様式のモスクで、モダンで優美なたたずまいが印象的。もともとこの場所には1721年建造のモスクがありましたが、19世紀に当時のスルタンが荒れ果てたモスクを立て直させ、現在の姿になりました。

ヨーロッパのバロック様式を採り入れたモスクだけに、内部も西洋的。淡いピンクの内壁やだまし絵の手法を用いた天井画、きらびやかなシャンデリアが、固定化されたモスクのイメージを見事に覆します。

西洋の宮殿のようなインテリアと、イスラムの香り漂うカリグラフィーとのコントラストが新鮮で、とっても絵になる!もちろん現役のモスクなので、地元の信者が静かに祈りを捧げる姿がまた幻想的です。

オルタキョイ・メジディエ・ジャーミィを見学し、海辺を散策するだけでも楽しめるオルタキョイですが、せっかくなら週末に訪れるのがおすすめ。土日にはウィークエンドマーケットが開催され、アクセサリーを中心に、数々の露天が並びます。

地元の若者に人気のスポットだけに、ほとんどのアクセサリーが数百円で買えるプチプラ商品。なかには、本物のお花を使ったハンドメイドアクセサリーや、ガラス雑貨の製作実演などもあります。

「値段は高くても上質なものが欲しい」という人には不向きですが、「地元女子に混じってプチプラアクセサリーをたくさんゲットしたい!」という人にはぴったりですよ。

アイスクリームがおいしい「MADO」や、おなじみのスターバックスをはじめ、おしゃれなカフェが多いのもオルタキョイの特徴。

天気の良い日には、アイスをテイクアウトして広場のベンチで食べるのもおすすめです。旧市街とは違って、外国人観光客はそれほど多くないので、地元っ子気分が味わえるはず。

一周しても15分ほどという小さなエリアですが、イスタンブール有数の景勝地として人気のオルタキョイ。キラキラ輝くボスポラス海峡を眺めながら、イスタンブールの活気を感じてみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定