ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 「ポツンと一軒家」人気なぜ

「イッテQ」「いだてん」こけて「ポツンと一軒家」人気のなぜ?

224

2019年07月18日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真「ポツンと一軒家」(c)ABCテレビ
「ポツンと一軒家」(c)ABCテレビ
 日曜夜のテレビ朝日系の番組「ポツンと一軒家」が絶好調だ。6月23、30日放送回で番組最高の20.7%、7月7日の放送回も20.6%(ともに関東地区、ビデオリサーチ調べ)と高視聴率を記録した。

 番組は「グーグルアース」の画像をもとに、例えば山の中に「ポツンと」確認できる一軒家にスポットをあて、どんな人が住んでいるのかなどについて調査するもの。芸能評論家の三杉武さんは言う。

「そこにたどりつくまでの面白さが魅力のひとつです」

 さらに、「今は芸能人より一般人が登場するほうがウケのいい時代。一般人が巻き起こす、思いもよらない展開などが求められています」とも分析する。

 また、ある放送作家はこう語る。

「世代別視聴率でみると、高年齢層に人気です。山深い光景やそこに登場する素朴な人たちにはどこか日本の原風景のような面もあり、そこも魅力。1ケタ台の視聴率で苦戦の続く大河ドラマ(『いだてん』)の視聴者層がそのままスライドした可能性は高いですね」

 それまで日曜の夜8時台といえば、「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)が高視聴率を誇ってきた。だが、昨年の「世界のお祭り企画」で発覚したやらせ疑惑や、ロケ中に人気お笑い芸人のみやぞんが骨折するなどトラブルが相次ぎ、視聴率も「ポツンと〜」に抜かれた。前出の放送作家は言う。

「ばかばかしいロケVTRで無邪気に笑いたい番組なのに、ふと『これもやらせかな?』とかよぎってしまう瞬間に、さめてしまうことがあります。それは致命傷になりかねません」

 番組打ち切りや番組MCの内村光良の降板も一部で報道されたが、三杉さんはさすがにないと否定する。

「紅白の司会を連続で務めるなど、内村さんの好感度はすごく高いですからね。日テレはむしろ内村さんをつなぎとめておきたいのではないでしょうか」

 ポツンとたたずむ一軒家にも、数には限りがある。「イッテQ」と「いだてん」はじっと待つ時期か。(本誌・太田サトル)

※週刊朝日  2019年7月26日号

【おすすめ記事】鈴木おさむが「ポツンと一軒家」を“テレビ界の奇跡”と評するワケ


このニュースに関するつぶやき

  • やすらぎの刻であの世で一番人気がこの番組で、理由が出た人がいつこっちに来るか話してるって台詞が不謹慎だが笑たw
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ロケに出向いてるスタッフさんの礼儀が正しくて見ていて安心します(*^^*)
    • イイネ!116
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(142件)

あなたにおすすめ

ニュース設定