ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 猫飼った時 イメージとの違い

猫飼った時のイメージと実際の違いに「こんなだったっけ???」

165

2019年07月18日 08:01  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真猫飼った時のイメージと実際の違いに「こんなだったっけ???」
猫飼った時のイメージと実際の違いに「こんなだったっけ???」

 猫を飼っている人のSNSアカウントやブログを見ていると、おもちゃに楽しそうにじゃれ付いたり、いかにも「猫!」という寝姿を見ることが多々あります。しかし、中にはそうではない猫も……。そんな、イメージと違ったという猫漫画がツイッターで話題になりました。


【さらに詳しい元の記事はこちら】


 黒猫のくろあん君、通称ろん君と一緒に暮らしている、ツイッターユーザーのAKRさん。「#ろんの絵日記」というハッシュタグで、ろん君との生活を漫画にしてツイッターに投稿しています。少し前には不覚にも前脚を捻挫してしまったというろん君、捻挫してしまうところまで含めて、「猫ってこういう生き物だったっけ?」という実際の様子を絵日記にしています。


 猫の寝姿といえば、香箱座りで寝るとか、「ごめん寝」の格好とかを思い浮かべることも多いのですが、ろん君、見事にヘソ天で寝ています。野生ゼロ。しかもお腹をつんつんしても起きないというぐっすりさ加減。かれこれ5年近く待ってても、憧れの「ごめん寝」の姿は見ることが叶わないとか。


 猫にねこじゃらし、は定番中の定番。ペット用品コーナーでも各種猫じゃらしが揃っています。猫じゃらしをフリフリしたら遊んでくれるかな……と思いきや、ろん君、どれだけ猫じゃらしで構ってみても無反応……。こういう子、います。筆者宅の猫も、勝手にその辺の紐か何かをおもちゃにして、勝手にひとりで遊んでひとりで満足するタイプ。人間がじゃらしても、付き合い程度にしか手を出してくれないという……。


 そして猫は身軽で、高いところへの着地もスマート……かと思いきや、なぜかろん君、虫を見つけてジャーンプ!したのはいいのだけど、そのジャンプした1mの高さで着地して、前脚を捻挫……。動物病院でも捻挫と診断されて、「(色々と)大丈夫かなこの子?」と心配になるAKRさん……。まぁ世の中、そんな猫もいるということで。


 さらに猫って気ままで、好きな時に好きなようにしかしないし、ご飯も好きな時に勝手に食べるというイメージですが……。ろん君の場合、おやつが欲しい時は、自らAKRさんに近寄り、「おやつが食べたいです」とセルフお手をして自己主張。それもかなり控えめ。筆者宅の猫、2匹そろってお腹すいたら「ご飯くれー!」の大合唱状態なのに。奥ゆかしいというか。


 そんなろん君を描いた絵日記に、「うちの子の寝姿も野生ゼロです」とヘソ天寝姿写真をリプライしている人、「うちの子もお手します」と、実際にお手をやっている映像をリプライに送っている人、逆に、「ごめん寝」の写真を送ってくる人などでリプライ欄は大賑わい。


 筆者宅の猫も、おやつの時だけはお手をするようになったけど、さすがに1mの高さで捻挫は、保護してからこの約10年、なったことがないかな……。あ、ごめん寝の姿も見ていないわ。限りなくヘソ天に近い格好で寝ている事はありますが……。


 皆さんのお宅の猫ちゃんは、猫のイメージ通りですか?野生が抜けている猫ちゃんですか?



<記事化協力>
AKRさん(@bou128)


(梓川みいな)


このニュースに関するつぶやき

  • 昔は回りに家の少ない田舎だったから外飼いしてたけど狩猟対象も個体に依って違う。⇒
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 生まれ時から猫屋敷だったせいで特にギャップを感じた事はないけど、敢えて言うなら猫も個々に性格が全然違う。ツンからデレまで差が激しい。 あとはボス体型なのに声がめっちゃ可愛いとかのギャップならある。
    • イイネ!59
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(90件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定