ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 金ロー初、放送作品を投票で

『金曜ロードSHOW!』初、放送作品を視聴者投票で決定 スタジオポノック短編3本が候補

212

2019年07月18日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『金曜ロードSHOW!』では『夏休み特別企画!ポノック短編劇場、どれを見たいでSHOW!?』を放送 「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」(C)2018 STUDIO PONOC
『金曜ロードSHOW!』では『夏休み特別企画!ポノック短編劇場、どれを見たいでSHOW!?』を放送 「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」(C)2018 STUDIO PONOC
 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)では番組史上初めて視聴者投票で放送作品を決定する『夏休み特別企画!ポノック短編劇場、どれを見たいでSHOW!?』を実施する。対象となるのは、昨夏に劇場公開されたスタジオポノック制作の映画『ちいさな英雄−カニとタマゴと透明人間−』内に収録された3本の短編。このなかから視聴者のリクエストが一番多かった作品をこの夏放送する。

【画像】『カニーニとカニーノ』など作品場面カット

『スタジオポノック』とはスタジオジブリを退社したプロデューサーの西村義明氏が2015年に設立した、アニメーション制作会社。長編作品『メアリと魔女の花』(17)、ポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』(18)を発表。現在は国際オリンピック協会(IOC)と共同制作の短編アニメーション映画を制作している。

 『ちいさな英雄−カニとタマゴと透明人間−』は数々の大作アニメーション映画に参加してきた3人の監督たちが、「ちいさな英雄」をテーマに描いた3本の短編アニメーションを1本の映画として公開した作品。そのうちの『カニーニとカニーノ』は『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督初のオリジナルストーリーで、カニの兄弟の大冒険を描いたファンタジー。

 そして、『サムライエッグ』は高畑勲監督の右腕として活躍した鬼才、百瀬義行監督が描く、たまごアレルギーに悩む少年と母親の、愛と感動のいのちのドラマ。『透明人間』は宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦監督による、見えない男の孤独な闘いを描いている。兄と弟の勇気、母と子の絆、たった一人の闘い…などそれぞれ3つの物語が展開される。

 番組公式ホームページにて28日までリクエストを募集。放送日時などは、決定次第発表される。

このニュースに関するつぶやき

  • バックトゥザフューチャーに一票入れようかと思ったのにジブリか。ポノックって書いてあるけどどう見てもジブリしかみえない。ついでに新海誠監督とか言うのもジブリに見える。その系統の顔流行ってるの?
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 違うの、そう言うのじゃないの!もっとバリエーションのあるラインナップにして欲しいのよ。ジブリとコナンとハリポタだけじゃなくて。
    • イイネ!120
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(158件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定