ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > 液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq」に21.5型モデル登場 スタンド付属で約12万円(税込)

液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq」に21.5型モデル登場 スタンド付属で約12万円(税込)

1

2019年07月18日 14:12  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真Cintiq 22の実機
Cintiq 22の実機

 ワコムは7月25日、21.5型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq 22」を発売する。ワコムストア(直販)価格は11万8800円(税込)で、7月18日から予約販売を開始している。



【その他の画像】



 Cintiq 22は、1月に発売された「Cintiq 16」と同様にエントリー層をターゲットとした製品。ディスプレイの解像度を落とすなど、一部のスペックを制限することで、ほぼ同じ画面サイズのハイエンドモデル「Cintiq Pro 24」(直販価格25万7040円から)よりも手頃な価格を実現している。



 ディスプレイはフルHD(1920×1080ピクセル)のIPS液晶で、色域のカバー率(標準値)はNTSC基準で72%、sRGB基準で96%となっている。ペン入力は電磁誘導方式で、8192段階の筆圧検知に対応する(傾き検知は±60段階)。本体には「Wacom Pro Pen」1本と、標準芯3本付きと着脱式ペンホルダーも付属する。



 センサーによる視差を緩和するための「ダイレクトボンディング」(※)はコストを抑えるため採用していないが、書き心地を向上する「AGフィルムディスプレイ」は取り入れている。



 映像入力はHDMI端子、PCやMacとの接続はUSBケーブルで行う。



※ ディスプレイとセンサーを直接接着する工法



 Cintiq 16では別売だったディスプレイスタンドだが、「画面が大型化した」(関係者)こともあり、Cintiq 22では標準で付属する。16度から82度までの範囲で傾きを付けられるもので、このスタンドの代わりにVESA規格のディスプレイアーム(100×100mm)を装着することもできる。



 本体サイズは570(幅)×359(高さ)×40(奥行き)mmで、重量は5.6kg(いずれもスタンド部を除く)。ExpressKeyは付属しないが、別売の「ExpressKey Remote」に対応している。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定