ホーム > mixiニュース > トレンド > 伊藤忠商事が「キャス キッドソン」のコスメを独占輸入販売へ、19年秋冬に展開

伊藤忠商事が「キャス キッドソン」のコスメを独占輸入販売へ、19年秋冬に展開

0

2019年07月18日 16:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真「キャス キッドソン」公式オンラインストアより
「キャス キッドソン」公式オンラインストアより
 伊藤忠商事は7月18日、英国発のライフスタイルブランド「キャス キッドソン(Cath Kidston)」の日本市場におけるコスメ・化粧品分野の独占輸入販売権を取得したと発表した。化粧品や日用雑貨の商品管理、販売先の斡旋などを行う東京堂を通じ、2019年秋冬シーズンに本格展開を開始する。
【あわせて読みたい】キャス・キッドソンのカフェ「キャス・カフェ」が閉店へ、物販機能は移転し継続(2017年掲載)

 キャス キッドソンは、創設者であるキャス・キッドソンが1993年にロンドンで創業。現在は世界16ヶ国で展開し、バッグやアパレルといったファッションアイテムをはじめ、ホームアクセサリーやキッズ・ベビー用品、化粧品などを手掛けている。
 コスメ・化粧品分野では、ブランドの世界観を落とし込んだハンドクリームやリップバーム、香水などの商品をグローバルで展開。日本国内では東京堂の多様な販売ネットワークを活用し、全国の大手バラエティストアやドラッグストアを中心に販売する予定だという。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定