ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由 無名のパキスタン青年、栄光への道

強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界「でも、世界で戦えない」その理由 無名のパキスタン青年、栄光への道

2

2019年07月19日 07:00  ウィズニュース

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

写真マンガ「アルスラン戦記」
マンガ「アルスラン戦記」

 強豪ひしめく格闘ゲームの世界大会。その大舞台でいきなり優勝したのは、無名のパキスタンの青年でした。それだけでもインパクトがあるのですが、優勝後言い放ったある言葉が話題になりました。「パキスタンには強い選手が、まだまだいる」ーー。「まるで漫画のような展開」と話題になった青年を取材し、withnewsで記事を配信したところ、大きな反響を呼びました。withnewsは彼やパキスタンのことをもっと知ってもらいたいと思い、彼のこれまでの半生をストーリーとして漫画にすることにしました。漫画「アルスラン戦記」、第2回です。

【マンガ本編はこちら】強豪ひしめくパキスタンの格ゲー界 「でも、世界で戦えない」その理由とは…

彼の名は「アルスラン」
 2019年2月、福岡で行われた対戦格闘ゲームの世界大会で優勝したのは、無名のパキスタン人の青年。しかし、それよりも彼が注目されたのは、優勝後のコメントだった。「パキスタンには強い選手が、まだまだいる」ーー。

 彼の名は、アルスラン・アッシュ。パキスタン第2の都市、ラホール出身の23歳。格ゲーに出合ったのは、12歳のとき。鮮やかな画面に引き込まれゲームを始めると、すぐに成績がついてきた。人並み外れた反射神経、それがアルスランの才能だと気付く。

アルスランの強さの秘訣
 アルスランの家には、ゲーム機もパソコンもなかった。唯一の練習の場になったのが、ゲームセンターだった。

 ラホール市内には、いくつものゲームセンターがあった。毎日、放課後にゲームセンターを回り、プレーヤーたちと勝負の日々。通常は5〜6時間ほど対戦、試合の前になると8時間練習に費やした。

 さらに、アルスランの強さの秘訣は「旅」にあった。

 国内の様々な都市を旅して回った。目的地は、やはりゲームセンター。相手が強かろうが、ビギナーだろうが、片っ端から地元の鉄拳プレーヤーに試合を申し込んだ。

 その理由は、初対戦の相手のあらゆる動きに反応できるようになるため。むしろビギナーの方が、見たことのないような動きをしたり、奇策に出てきたりする。

 その動きに対応し、より多くのプレーヤーを知ることで、技のレパートリーを広げてきた。

 どれだけ強くなろうとも、常に新しいことを学べる環境を追い求めるーー。アルスランの勝負への姿勢は、簡単に真似できるものではなかった。

アルスランを負かす「強い選手たち」
 そんなアルスランと熾烈な戦いをしてきたのが、あの発言にもあった「強い選手」たちなのだ。

 まず、赤シャツにサングラス姿で、「ラホールの強心臓」と呼ばれる、ビラル・イリアス(24)だ。仲間たちは彼を「どんな試合でも表情を変えない精神力の持ち主」と評する。

 次に、「コンボの魔術師」アワイス。目が覚めるような波状攻撃「コンボ」で知られる、ラホール出身のアワイス・ハニー(24)。ゲームセンターでアルスランと夜な夜な特訓してきた盟友だ。アワイスの攻撃力が、アルスランの防御力を世界トップに押し上げる一因となった。

 他にも、「青シャツの神童」ムハマド・ファルズィーン(16)もいる。放課後に塾で2時間勉強した後、ゲームセンターに訪れ、2〜3時間練習する。アルスランら先輩の技を間近で観察し、対戦を申し出る。ゲームセンターの店主は「この子は間違いなく、第2のアルスランになる」と太鼓判を押す。

 ゲームセンターによく現れるのは、「グル」と呼ばれる宗教指導者。ラホールは文化の中心地、いわば個性を受け入れる街だ。宗教的にも多彩で、思想家も多く生まれている。アルスランたちはさまざまな人々に見守られながら、切磋琢磨し、高みを目指してきた。

旅費、ゲーム代…かさむ出費
 しかし、アルスランにも悩みがあった。それはかさむ出費だ。

 ゲーム代は、3ゲーム先取で10ルピー(約8円)。ゲーム代は安いとは言え、練習量は尋常ではない。ゲーム代は負けた方が払うルールで、強くなるほど出費は減ったが、旅費もかかりそれまでのツケはたまっていた。

 のちに優勝賞金を得て最初にしたのは、ゲームセンターを回り、借金を返済することだった。それでも、店主たちはアルスランを招き入れ、練習を見守ってくれていた。

強豪たちが国際大会に出場できない理由
 アルスランたちが目指すのは、やはり世界の頂点だ。国際大会に出場し、優勝すること。しかし、彼らに大きな壁が立ちはだかっていた。

 それは、海外のビザだ。治安が安定しないパキスタン。その国民には、スポンサーや一定額の預金があることをビザの申請条件とする国が、いまも多い。アルスランにとって、スポンサーが頼みの綱だ。

 地方大会も含め、国内の大会で40回近く優勝を重ねた2018年。ついにスポンサーがついた。世界への扉がアルスランの前に開かれたのだ。

ついに世界大会!しかし…
 2019年2月、アルスランにとって初めての国際大会。その舞台は、日本・福岡県。著名なプレーヤーが一堂に会する世界最大級の祭典だ。

 しかし、日本に向かうアルスランを困難が襲う。飛行機の乗り継ぎトラブルが相次いだ。パキスタンから福岡まで丸3日。万全の態勢で臨むつもりが、会場にたどり着いたのは、大会当日の午前10時だった。

 睡眠不足を引きずりながらも、有名選手に立ち向かうアルスラン。その勝負の行方はーー。

次回予告
 やっとの思いで日本にたどり着いたアルスラン。そのプレースタイルに観衆は釘付けに。疲労困憊の中、アルスランが見た「世界」とはーー。

   ◇

【漫画「アルスラン戦記」】
「アルスラン戦記」(全5回)は原則週1回、withnewsで配信していきます。原作:リアル記事、作画:漫画家のいぬパパさん(@inupapa1979)。漫画家のSNSを運営するコミチ協力でおくる、記事の漫画化企画です。

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定