ホーム > mixiニュース > 社会 > 台風と梅雨前線、大雨のおそれ

19日 台風プラス梅雨前線 大雨のおそれ

22

2019年07月19日 07:11  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真19日 台風プラス梅雨前線 大雨のおそれ
19日 台風プラス梅雨前線 大雨のおそれ

きょう19日(金)は、大型の台風5号が東シナ海を北上。梅雨前線は本州付近に停滞。台風周辺の暖かく湿った空気が大量に送り込まれ、前線の活動がさらに活発に。沖縄や西日本、東日本は、あす20日(土)にかけて大雨のおそれがある。西日本は、あさって21日(日)にかけて大雨が長引く。



●台風の影響 沖縄 荒れた天気


大型の台風5号は、きょう19日(金)午前6時現在、東シナ海にあって、1時間におよそ20キロのスピードで北へ進んでいます。動きが比較的ゆっくりです。台風は今後、東シナ海を北上し、あす20日(土)夜には朝鮮半島付近へ進むでしょう。また、南シナ海の熱帯低気圧が北東へ進み、きょう19日(金)の夜に先島諸島(石垣島や宮古島)に接近する見込みです。
沖縄では、あさって21日(日)にかけて台風や熱帯低気圧周辺の湿った空気が流れ込み、大雨になるおそれがあります。また、海上を中心に風が非常に強く、うねりを伴って大しけの状態が続くでしょう。


●台風プラス梅雨前線の影響 本州で大雨


台風5号の北上に伴って、梅雨前線は本州付近に停滞する見込みです。前線の南側では、台風周辺の熱帯育ちの暖湿な空気が送り込まれるため、大気の状態が非常に不安定となるでしょう。沖縄や九州から四国、北陸、東海では、あす20日(土)にかけて大雨となるおそれがあります。
予想される24時間の雨の量は、九州北部の多い所で200ミリになっています。九州北部ではきのう19日(金)からの降り始めから、すでに100ミリを超えている所があり、四国では200ミリを超えている所があります。あさって21日(日)にかけては、九州や四国では総雨量が500ミリを超える所もあり、平年の7月ひと月のおよそ2倍の雨がきのう19日(金)からの3日間で降ってしまうおそれがあります。土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。


●西日本 大雨長引くおそれ


九州や四国では、20日(土)から21日(日)にかけて、大雨が長引くおそれがあります。太平洋高気圧からの暖かく湿った空気に加え、台風周辺の暖かく湿った空気も流れ込んで、大気の状態が非常に不安定な状態が続く見込みです。雷を伴った非常に激しい雨が降り、南東斜面を中心に総雨量が多くなるでしょう。
また、前線に近い北陸にも暖湿流が入り、大雨のおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒してください。
週末にお出かけされる方も多いと思いますが、交通機関への影響が出てくるかもしれません。気象情報に加え、交通情報もこまめにチェックなさってください。


このニュースに関するつぶやき

  • 今年は梅雨が長いな。そして気温が低い。と言っても30度くらいにはなるけどね。去年の今頃は35度とか37度だったから、大違いだな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 台風����自体は大したことないけど、刺激を受ける梅雨前線ざ非常に危険ですね。それと南にある熱帯低気圧と2つ玉になるのも気がかり���ä������ä���
    • イイネ!4
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(10件)

あなたにおすすめ

ニュース設定