ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 三四郎・小宮、『荒野行動』やりたさに誤ってスマホのデータ削除「2015年からの思い出が……」

三四郎・小宮、『荒野行動』やりたさに誤ってスマホのデータ削除「2015年からの思い出が……」

1

2019年07月19日 07:21  リアルサウンド

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真写真

 お笑いコンビ・三四郎の小宮浩信が7月12日深夜に放送された『三四郎のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、スマホゲーム『荒野行動』にまつわるエピソードを披露した。


(参考:三四郎、『ハリー・ポッター:魔法同盟』のシステムに恐怖 「ひげもじゃの大男の断片って……」


 相方の相田周二たちが「ハリーポッター」のスマホゲーム(『ハリーポッター:魔法同盟』)に興じている姿を見て、「ゲームを通じて仲間をつくりたい」と思い始めた小宮。しかし、2015年に購入した古いスマホゆえにデータ容量が不足し、「ハリーポッター」をプレイすることができず。それならばと、以前からやってみたかったというサッカーゲーム『ウイニングイレブン』のスマホ版に挑戦しようとしたものの、こちらも容量不足の壁が立ちはだかり、既存のアプリを多数削除しなければダウンロードできないことが判明した。その時には「そこまでするほどやりたくはないな」と思い、結局、何のゲームもダウンロードせずにいたらしい。


 そんな小宮の「ゲームを通じた仲間づくり」への情熱は、ひょんなことから再燃することに。それは、お笑いコンビ・ハナコ、ドランクドラゴン、女性芸人の平野ノラらと神奈川県・座間市へ営業に行った時のこと。そこでは、何人かで人気スマホゲーム『荒野行動』をプレイしていたらしく、小宮はその輪に加わりたいと思ったという。が、またも少なすぎるデータ容量がネックとなり、小宮のスマホではダウンロードすることができなかったようだ。


 前回はここで諦めていた小宮だったが、この時は違った。後輩芸人から「SDカードにバックアップを取って、データを消去すればゲームをダウンロードできる」との情報を聞きつけるや否や、2キロほどの距離にあるドコモショップへ走って向かったらしい。ドコモショップでSDカードを入手すると、早速、データ移行を試みることに。ところが、誤って写真や動画などのデータをすべて削除してしまったらしい。


 「マジか……と思って。『荒野行動』をやるために、今までの思い出が……」と茫然自失としたことを振り返った小宮。「2015年からの全部の思い出が……スペインのサグラダ・ファミリアで撮った写真とか、インドのガンジス川で撮った写真も全部消えちゃったんだよ」と嘆いていた。


 こうして大きすぎる犠牲を払って『荒野行動』をダウンロードした小宮だったが、今度はダウンロード中にフリーズするという現象が。ドコモショップに確認したところ、やはり型が古い多ため、既存のアプリをすべ消去するくらいしないとプレイできないと通告され、失意に暮れることに。けれども小宮は「データ容量の少ないゲームをやろう」と切り替えて、その結果「サラリーマンの逆襲」というゲームに行きついたのだとか。


 「サラリーマンの逆襲」は、しがない中年会社員が金属バットを携えて、通っていたオフィスを復讐のためにグチャグチャにするという3Dアクションゲーム。小宮は、センセーショナル内容なゲームをダウンロードできたことで喜び勇み、芸人仲間に「『サラリーマンの逆襲』って知ってる?」と聞いて回ったり、楽屋でわざと音を出してプレイしたりして注目を集めようとしたという。しかし、誰も興味を示さなかったことを明かし、最後には「みんな全然寄ってこなかった……人気者になりてぇよ!」と訴えていた。


(こじへい)


    あなたにおすすめ

    オススメゲーム

    ニュース設定