ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > めざましたすきリレー大団円へ

『めざましテレビ』855キロたすきリレーが1年越し大団円

6

2019年07月19日 08:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『めざましテレビ』25周年企画『GO FOR 東京2020 日本つながるプロジェクト』が23日でゴールを迎える。最終ランナーの(左から)坂井聖奈ちゃん、恵ちゃん (C)フジテレビ
『めざましテレビ』25周年企画『GO FOR 東京2020 日本つながるプロジェクト』が23日でゴールを迎える。最終ランナーの(左から)坂井聖奈ちゃん、恵ちゃん (C)フジテレビ
 2020年東京オリンピックを前に、2018年7月から始まったフジテレビ系朝の情報番組『めざましテレビ』25周年企画『GO FOR 東京2020 日本つながるプロジェクト』が、23日に東京でゴールを迎えることとなった。これまで、46道府県を総勢745人とタカ1羽、ロボット1台、犬1匹、そしてくまモンが走り、全国855キロの道のりをつないできたたすきリレーが最終地点に到達。約1年をかけたプロジェクトが大団円を迎える。

【写真】第一走者はももクロ・百田夏菜子

 同プロジェクトでは、1964年東京オリンピックの聖火ルートを再現し、全国のキラビト(秀でた才能を持ったキラキラ輝いている人)や1964年の聖火ランナー、趣旨に賛同してくれた有名人、『めざましテレビ』の出演者がたすきリレーを行い、日本をひとつにしようという試み。

 当日は、番組内で随時たすきリレーの様子を生中継するほか、メーンキャスターの三宅正治アナウンサーと永島優美アナウンサーがスタジオを飛び出し、東京たすきリレーを全力でサポート。リレーの最終走者には、1964年の聖火リレー最終ランナーで2014年に死去した坂井義則さんの孫、坂井聖奈ちゃん(10)と恵ちゃん(6)が決定した。2人の孫が、祖父の思いを胸に走り抜ける。また、VTRでは坂井義則さんの親友や弟など、ゆかりのある方々が思いを語る。

 そして、最後を飾るゴール地点では世界的に活躍するダンスクリエーティブ集団・TRIQSTAR(トリックスター)がパフォーマンスを披露。 “日本から世界へ”をモットーに活動しており、唯一無二のダンススタイルで話題を集め、2015年には、世界的にも有名なオーディション番組『Asia’s Got Talent』にて、1000組を超えるパフォーマーの中から日本人で唯一、決勝である最後の6組に選出。生放送でフォナーレに華を添える。

 チーフプロデューサー・高橋龍平氏は「夏、秋、冬、春…この1年、『めざましテレビ』は46道府県にお邪魔し、ついに東京でゴールを迎えます。出会ったのは各地で輝くキラビトたち。伝統芸能を引き継ぐ方、名産品を作る方、世界的ダンサー、スーパーキッズ、元聖火ランナー、そして来年活躍が見込まれるアスリート…。皆さん、笑顔で走ってくれました。そして、1964年聖火リレーを記録した貴重なカラー映像や写真を多数発掘できました。どれも高度成長期のニッポンの熱気が伝わってくる映像で、鼻水を垂らした子供たち、かっぽう着を着たお母さん、仕事中のお父さん…人々の笑顔が印象的でした。来年再び、日本中に笑顔があふれるはずです。『めざましテレビ』は、2020年東京オリンピックに向け、日本を一つにつなぎ続けます」とコメントを寄せている。

このニュースに関するつぶやき

  • めざましは出勤前の時計代わりです 天気予報はふざけてるし原稿は噛むは(笑)…
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • この企画をみる限りやっぱりオリンピックは一般人には関係ない行事だなぁと思える。いや交通渋滞やらカ物価上昇やら「えーあの番組オリンピック中継でやってないのぉ?」という面では関係してくるが。 https://mixi.at/abBE44w
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

あなたにおすすめ

ニュース設定