ホーム > mixiニュース > エンタメ > 音楽 > 吉岡里帆、銀杏BOYZ・峯田和伸からの「励まされた言葉」を明かす

吉岡里帆、銀杏BOYZ・峯田和伸からの「励まされた言葉」を明かす

0

2019年07月19日 11:50  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(ナビゲーター:吉岡里帆)。7月14日(日)のオンエアでは、銀杏BOYZ・峯田和伸さんがゲストに登場。映画『いちごの唄』や銀杏BOYZの楽曲について話しました。

【radikoで聴く!峯田和伸からの励まされた言葉】(2019年7月21日28時59分まで)


■「報われない自分の思いを吐き出しようがなくて曲にする」

久しぶりの再会となった吉岡と峯田さん。吉岡が峯田さんに「最近、楽しかったことはなんですか?」と訊くと……。

峯田:弟夫婦に子どもがふたりいるんですけど、下の子が1歳の誕生日で、山形に住んでいるので、写真や動画を送ってもらったりするのが……。いいですよね、赤ちゃん。かわいいよね。

峯田さんは、映画『いちごの唄』に出演しています。脚本家・岡田惠和さんが、銀杏BOYZの楽曲にインスパイアされて制作した作品です。自身の歌をもとに映画が作られたことについて、峯田さんはこう話します。

峯田:(楽曲が生まれるのは)楽しいだけじゃなくて、プライベートで悲しいことがあったり、付き合ってる人とうまくいってないときとかに作りやすいんですよね。付き合っててラブラブなときってサムい曲が生まれそうで(笑)。別れたり「ちょっと距離を置こう」みたいなときに、報われない自分の思いを吐き出しようがなくて曲にするみたいなところがあって。今はちょっと違いますけど。歌詞を見ても、それが反映されてるわけではないんですけど、かわいらしい曲とか楽しそうな曲でも、実は作ってるときは自分の境遇がよろしくないときっていうのがあって。そういうことを物語として紡いでくれて、こうやって映画化までされてるって考えると、あのときの自分の思いが報われてる気がするんですよね。こうやってひとつの話になるなんて(曲を作っていた)当時は思ってもいないし。だから本当に感謝しかないんですよね。嬉しかったなあって。


■吉岡と峯田の共演エピソード

銀杏BOYZの楽曲について、吉岡は「峯田さんの楽曲の中に出てくる少年たちはみんなとてもピュアで愛おしいですよね」と感想を述べます。

峯田:自分の中で「自分はこういう大人になってしまった」っていうのがあって。音楽を好きになった10代の頃の自分はまだ残ってるんですけど、今の自分が40歳を越えてこういう大人になってしまって、いろいろと擦り切れて「あーあ」みたいに思っていて。だからそういう(ピュアな)自分を出せるのが楽曲しかないんですよ。よく「歌まんまの人ですね」って言われるんですけど、ちょっと違う気がする。もうちょっと……汚い感じのおじさんですよ(笑)。

峯田さんの話を聞き、吉岡は峯田さんとのあるエピソードを思い出します。

吉岡:『世にも奇妙な物語』(フジテレビ)で(峯田さんと)共演したとき、ちょうど自分の転換期だったんですよね。「自分が変わっていくことが怖い」と思っていて、それで峯田さんに相談したんですよ。「変わっていくことって悪いことなんですかね?」って。そうしたら「変わるのって全然いいよ!」ってめっちゃ肯定してくださったことを、私はすごく覚えてるんです。だから、変わっていくことって悪いことじゃないなと思います。ずっと同じ10代の心のままでいることも素敵かもしれないけど「俺、汚ねえおっさんだよ」って言える峯田さんは、すごく素敵な気がするんです。
峯田:……まあね!
吉岡:めっちゃ流すじゃないですか(笑)。
峯田:あのとき、本当に「頑張ってるな」って感じがしました。気が張ってた。「いろいろあるんだろうな」と思って。
吉岡:話を聞いてくださってありがとうございました。嬉しかったです。

ドラマ制作の裏側が垣間見えるオンエアとなりました。

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『UR LIFESTYLE COLLEGE』
放送日時:毎週日曜18時−18時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/lscollege/

    あなたにおすすめ

    ニュース設定