ホーム > mixiニュース > トレンド > 夏の北海道「星野リゾート トマム」。絶対に行きたくなる6つの理由【こどもと遊ぼう×クルマ旅マスター Vol.5】

夏の北海道「星野リゾート トマム」。絶対に行きたくなる6つの理由【こどもと遊ぼう×クルマ旅マスター Vol.5】

1

2019年07月19日 12:12  ウレぴあ総研

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真提供:星野リゾート トマム
写真提供:星野リゾート トマム
■元祖“絶景テラス”など、映えスポット満載!星野リゾート トマム

今回、「こどもと遊ぼう」編集部とともに、ガイド役を務めていただく“クルマ旅マスター”は、前回に続き、ブリヂストングループ カーメンテナンスショップ「タイヤ館」の越智佳奈恵さん。

【北海道】星野リゾートが提案する“都市観光ホテル”ってなに?【こどもと遊ぼう×クルマ旅マスター Vol.4】

訪れたのは、星野リゾート トマム。いま、高原リゾートに続々と“絶景テラス”が誕生していますが、その元祖ともいえる「雲海テラス」で人気の高原リゾートです。越智さんとそのお友達、ふたりきりのトマム女子旅、はじまり、はじまり〜。

■早朝5時のゴンドラで約13分の空中散歩!

朝5時出発!ゴンドラで約13分の空中散歩はドキドキの時間。星野リゾート トマム公式サイトでは雲海の種類や発生率などを前日15時までに発表していますが、今回はあえて事前調査はしないと決めて、ゴンドラ乗り場へ。

ゴンドラ乗り場からテラスが見えれば、当然、雲海はなし。もちろん、清々しい朝日を感じる違う楽しみ方はできますが、今回の目標は雲海。ちょっと霧が濃いなとは感じながらも、テラスは雲に隠れている。とりあえずは第一関門突破!

途中、太陽の日差しが見え隠れ。期待は高まりました…。

ゴンドラを降りると、そこは!雲の中でした(泣)残念ながら、見事な雲海は発生していませんでした。

とはいえ、せっかく来たので、進化し続ける「雲海テラス」の展望スポット散策へ。展望スポットといえば「Cloud Walk(クラウドウォーク)」。斜面との高低差は最大10m、つり橋のような構造で、なかなかのスリルを味わうことができます。

■Cloud9(クラウドナイン)計画、6番目の展望スポットがもうすぐ誕生!

続いて向かったのが、人気の「Cloud Pool(クラウドプール)」。巨大なハンモックのような形状で、しかも地上高は最大8m。雲の上に浮かぶような浮遊感を味わえると評判です。

そのほか、船の舳先のような「Sky Wedge(スカイウェッジ)」、等高線をイメージした「Counter Bench(コンターベンチ)」、雲の粒をイメージした全長約15mの「Cloud Bed(クラウドベッド)」があります。

雲海テラスで9つの過ごし方を提案する「Cloud9(クラウドナイン)計画」の一環で、様々な表情の雲海を楽しんでもらうことを企図したものです。現在、5つありますが、この7月23日、待望の6つ目のスポット「Cloud Bar(クラウドバー)」が誕生します!

撮影に訪れたときにはほぼ完成しており、カバーがかかっていましたが、ほぼ、このイラスト通り。地上3m、長さ13mのバーカウンターで、ハシゴを使って登るという、こちらもなかなかのスリルを堪能いただけそうですよ。

■天候によって様々な顔を見せる雲海テラス

今回は雲の中、という雲海テラスでしたが、「友達とふたり、マイナスイオンを全身に浴びて、爽快な気分を味わうことができました」(越智さん)。

そう、雲のない晴天の日であれば、清々しい朝日を堪能できますし、大雪山や日高地方を望む絶景を楽しむことだってできます。旅は望む天気ばかりとは限りません。その天気にあわせて、楽しみ方を探していただきたいと思います。

とはいえ、雲海には再チャレンジしようと決めた、越智さんとお友達、そして、こどもと遊ぼう編集部でした。

【雲海テラス】
◎期間:〜2019年10月14日 ◎時間:5:00〜8:00(9月は4:30〜) ◎料金:ゴンドラ(往復)大人1,900円、小学生1,200円、未就学児無料、ペット500円 ※リゾナーレトマム、トマム ザ・タワー宿泊者は無料

■雄大な自然に囲まれた滞在空間「ファームエリア」

元々、約700頭の牛を飼育する農業エリアだったというトマム。その美しい昔ながらの景観を堪能していただきたい、そんな思いから誕生したのが、約100ヘクタールという巨大な「ファームエリア」です。

ふかふかの牧草の上で草原の香りを感じながら、心地よい時間を過ごせる「牧草ベッド」。女子旅ならでは、本を読みながら、さらには女子会トークをしながら、まったりとした時間を過ごすことができました。

【牧草ベッド】
◎期間:〜2019年10月15日 ◎時間:9:00〜16:00 ◎料金:無料

「ひつじが一匹、ひつじが二匹…」。大人になって、そんな眠り方をしている人はいないかもしれませんが、「羊とお昼寝ハンモック」では、本物の羊を数えながらお昼寝を楽しめちゃいます。童心に帰って、ハンモックでウトウトしてみては?

【羊とお昼寝ハンモック】
◎期間:〜2019年10月31日 ◎時間:9:00〜16:00 ◎料金:無料

牧場をテーマにした「牧場ラウンジ」。牧草でできたソファに座り、雄大な自然を眺めながら、これまた、まったりした時間を過ごす。

ファームエリア内にある「Milk Stand(ミルクスタンド)」で、トマムのランドマーク「ザ・タワー」をイメージした「トマシェイク機Ν供廚鬟謄ぅアウトして、牧場ラウンジでゆっくり過ごしましょう。

【牧場ラウンジ】
◎期間:〜2019年9月30日 ◎時間:10:00〜17:00 ◎料金:無料

■今年初開催!「メロンシャンパンフェス」は8月末まで

夜のお楽しみは、今年初開催の「メロンシャンパンフェス」。北海道の夏の名産品メロンと、シャンパンのマリアージュを堪能できると、すでに好評を博しているイベントです。

場所はホタルストリート内の店舗cafe&bar「つきの」。店内で楽しむのもいいですが、今回は、オープンテラスで白樺と松の木々に囲まれて、北海道の自然を十二分に満喫しながら、旬のメロンとシャンパンを味わいました。

「今回は友達とふたりでしたが、この雰囲気はカップルにもおすすめ」とクルマ旅マスターの越智さんが話す通り、大人の雰囲気あふれる場所で、カップルの距離感もグッと近くなるかもしれませんね。

【メロンシャンパンフェス】
◎期間:〜2019年8月31日 ◎時間:20:00〜22:00 ◎場所:ホタルストリート内cafe&bar「つきの」 ◎料金:シャンパン1,100円〜、メロン(1/8カット)300円、メロンのシメパフェ3,000円 ほか

星野リゾート トマム
<DATA>
■TEL/0167-58-1111
■住所/北海道勇払郡占冠村中トマム
■交通/新千歳空港から電車で最速90分、車で約100分

■ディナー券が当たる!キャンペーン実施中

“クルマ旅マスター”こと、ブリヂストン「タイヤ館」の越智佳奈恵さんがご紹介する「雲海に手が届きそうな元祖“絶景テラス”」、いかがでしたか?みなさんの、雲海チャレンジ成功を祈っています!

今回は星野リゾート トマムより、「ビュッフェダイニングhal」もしくは「ニニヌプリ」で使える夕食券をご提供いただきました。ご応募はこちらから!

たくさんのご応募お待ちしております!

------------------------------------------------
<今回のクルマ旅マスター>

タイヤ館
越智佳奈恵さん

「タイヤ館」を運営するブリヂストンリテールジャパン 中部支社勤務。学生時代から旅行が大好きで、様々な観光地を散策。今回は2泊3日で、トマム→旭川→札幌の強行スケジュールでしたが、撮影班とは違い、若さゆえ?朝4時集合もお化粧バッチリでした!
------------------------------------------------

    あなたにおすすめ

    ニュース設定