ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 宮迫博之、TBS『炎の体育会TV』降板 吉本興業との契約解消を受け テレ朝は「慎重に検討」

宮迫博之、TBS『炎の体育会TV』降板 吉本興業との契約解消を受け テレ朝は「慎重に検討」

27

2019年07月19日 16:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真宮迫博之 (C)ORICON NewS inc.
宮迫博之 (C)ORICON NewS inc.
 TBSは19日、同局系『炎の体育会TV』(毎週土曜 後7:00)について、レギュラー出演していたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)の降板を発表した。同日、吉本興業が宮迫との契約を解消したことを受けての決定となる。

【画像】宮迫との契約解消…吉本興業が報道各社に送信した文書

 同局は「吉本興業が、宮迫博之さんのマネジメント契約を解消したことを受け、これまでの経緯や事実関係等を総合的に勘案し、レギュラー出演していた『炎の体育会TV』からの降板を決定いたしました」と発表した。

 また、テレビ朝日は、同じく宮迫のレギュラー番組『アメトーーク!』(毎週木曜 後11:20)の今後について、ORICON NEWSの取材に「今回の発表を受け、対応を慎重に検討して参りますと思います」とコメントした。

 同日、吉本興業は書面を通じ「弊社所属の宮迫博之(雨上がり決死隊)について、本日7月19日付でマネジメント契約を解消しました」と報告。「宮迫博之は、既に報道されている反社会的勢力の主催する会合に出席していた件により謹慎中でしたが、弊社といたしましては、諸般の事情を考慮し、今後の宮迫博之とのマネジメントの継続に重大な支障が生じたと判断し、決定に至りました」と伝えた。

 続けて「多くのファンのみなさま、関係各位に多大なるご迷惑ご心配をおかけしておりますことを重ね重ね深くお詫び申し上げます」とした。なお、一部で会見の報道があったが、吉本は「会見の予定はございません」としている。

 宮迫は、6月7日に発売された写真週刊誌『FRIDAY』で、お笑いコンビ・カラテカの入江慎也(すでに契約解消)が仲介した詐欺グループの忘年会に参加したことが報じられ、その後、吉本が謹慎処分を発表。詐欺グループからの金銭授受も明らかになっている。

 また、きょう19日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で3年前に福岡市で約7億6000万円相当の金塊を盗んだとして窃盗罪に問われた人物らと、飲食店で同席したとされる内容と写真が報じられている。

このニュースに関するつぶやき

  • ばらいろダンディ、何曜日のレギュラーになるのかなぁ?
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 今世間は間違いなく、それどころではない…
    • イイネ!13
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

あなたにおすすめ

ニュース設定