ホーム > mixiニュース > トレンド > プリーツはどうやって作られる?専用マシーン常設の「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」初の旗艦店が南青山に

プリーツはどうやって作られる?専用マシーン常設の「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」初の旗艦店が南青山に

0

2019年07月19日 21:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真店内に設置されたプリーツマシーン Image by: FASHIONSNAP.COM
店内に設置されたプリーツマシーン Image by: FASHIONSNAP.COM
 「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」が、初の旗艦店を南青山に7月20日にオープンする。店内にはプリーツマシーンが設置され、服が完成するまでの製造過程を見ることができる。

 店舗の立地は南青山3丁目のみゆき通り沿い、表参道駅A4出口の近くで、「イッセイ ミヤケ (ISSEY MIYAKE)」路面店に隣接。「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」、「ハート(HaaT)」、「ミー イッセイ ミヤケ(me ISSEY MIYAKE)」、「リアリティ・ラボ イッセイ ミヤケ(REALITY LAB. ISSEY MIYAKE)」などが出店しており、イッセイ ミヤケ社が展開するブランドの旗艦店が集結している。

 "浮遊感"をテーマに設計された空間は吉岡徳仁が手掛けた。建物にもともと入居していた3店舗の壁を取り払い、店舗面積はワンフロア225.85平方メートルの広さを確保。1970年代に建てられたビルの"時代感"を残すためにあえて塗装などを施さず、時間の経過を感じさせる質感とマシーンに象徴される未来的な要素のコントラストを表現している。

 ブランドのフルラインナップを揃えるほか、「ものづくりの現場」から生まれる熱量や驚き、楽しさを伝えるために店内の一角にプリーツを施すマシーンを設置。店内では加工前の平面状態で約1.5倍の大きさの製品が機械にかけられ、プリーツが施される様子をガラス越しに見ることができる。オープン記念としてマシーンで製造された長袖Tシャツ「COLORS」(10色・税別1万4,000円)を数量限定で販売するほか、カラーブロックのプリーツシャツやカーディガンなどをショップ限定で展開する。

 マシーンはオープンから8月4日まで連日14時〜17時の時間帯で稼働し、それ以降は週3回のペースで稼働する。マシーンで製造された商品は異なるバリエーションで随時店舗限定商品として展開する予定だという。
■ HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE/ AOYAMA住所:東京都港区南青山3-18-14営業時間:11:00-20:00電話:03-5411-5007

    あなたにおすすめ

    ニュース設定