ホーム > mixiニュース > コラム > 結婚しない人生|結婚は無理ゲ―!?地方在住42歳女子の選んだ自由〜その1〜

結婚しない人生|結婚は無理ゲ―!?地方在住42歳女子の選んだ自由〜その1〜

4

2019年07月20日 17:00  Suits-woman.jp

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Suits-woman.jp

写真写真

婚活関連のニュースがあふれていますが、生涯未婚率(50歳時未婚率)は上昇。国勢調査によると、50歳まで結婚したことがない人は、1990年には男性5.6%、女性4.3%だったのに、2015年の国勢調査では男性23.4%、女性の14.1%と、男女ともに約4倍のポイントに跳ね上がっています。

独身の経済観を示す「ソロエコノミ―」という言葉も登場。増え続けるシングルの背景を取材しました。

☆☆☆

子供を産まなければ、結婚をしなくてもいい

西日本エリアに住む杉田真理恵さん(仮名・42歳・地方公務員)は、「33歳までは結婚を考えたこともありましたが、結婚のために男性を好きになるのも変な気がして、気が付けばこの年になっていました」と語ります。

白いシャツ、デニムのタイトスカート、つやつやの黒髪……複数のファイルが入ったハイブランドのトートバッグを重そうに持っています。

「自然妊娠って、35歳限界説がありますよね。その時までは『私も子供を産んでみたい』と思ったこともありました。人並みな結婚願望のようなものも、35歳まではあったかな。性的な欲望もありましたが、そのために相手を探すのが嫌だった。男性って若い女の子が好きで、『27歳を超えたら対象外』とあからさまに言う人もいました。自分の生理的欲求のために、自分のプライドが傷つくことはしたくなかったんです」

杉田さんは美人の部類に属します。男性からアプローチされることも、少なくなかったのではないでしょうか?

「ありましたけれど、長続きしない。たぶん私がハッキリものを言うからだと思います。直近の恋愛は、10年前。相手はバツイチの大学の同級生でしたが、生活のすべてがだらしない。最初はいいのですが、使い捨てコンタクトレンズをはずして落とすところとか、下着を“8の字”状態で脱ぎっぱなしにしておくところが受け入れられず、いちいち言葉に出して伝えてしまうんです。その結果、向こうから『もう無理』と言われ、別れました。そのときは傷ついたし、とても悲しかったけれど、結婚は他人と生活を共にすることでもある。お互いにいちいちイライラする人と一緒にいることが、幸せとは思えないんです」

結婚しなければ浮気に悩むこともない、出産しなければ子供のいじめを心配しなくてもいい

結婚は、無理ゲーではないか

それでも休日のショッピングセンターに行くと、家族連れをうらやましいと、今でも思うそう。

「私は今も実家に住んでおり、一人っ子なので両親がなくなれば一人です。親戚もおらず、友達もそれほど多くはありません。今はまだ、両親ともに70歳で元気。一緒に海外旅行に行くこともあり、仕事の愚痴を聞いてもらったりしています。でも、両親が死んでしまったら天涯孤独。それはとても怖いですよ。休日にショッピングセンターに行くと、同世代の家族連れを見て、心からうらやましいと思うこともあります。ただ、この年になると、『人生には不安はつきもの。将来の不安を考えると、そちらに引きずられる。今の幸せを探していこう』と心から思うのです」

それと同時に、20代後半で出産し、ドヤ顔していた同級生たちが、結婚や子供がいることで不幸になるケースも目立つようになってきたといいます。

「夫のモラハラ、DV、浮気、離婚、嫁姑問題、子供のいじめなどのトラブル、子供の進学問題、莫大な教育費……これらに悩む同級生は多く、私に対して『ママになるっていいわよ〜』と言っていた友人が離婚し、借金を申し込まれたことがあります。これは結婚しないと発生しない問題。地方は男尊女卑が激しく、未だに『家のことは女性がすべし』という通念がまかり通っている。女性は夫や子供の生活の面倒をみて、相手に合わせて、自分を殺して生きていかなくては”幸せな結婚生活”は維持できないと感じる。それを聞くと、私には無理ゲー(クリアするのが無理なゲーム)だと思ってしまう。もちろん、子供の成長や、自分が成長する喜びはあると思いますが、それ以上に払う代償も大きいのだと感じるのです」

人と比べて心がかき乱されるのは、「可能性」があったから。

「結婚、出産……可能性があるうちは、心がかき乱されたり、自分が選べたかもしれない『もう一つの人生』を想像し、眠れなくなったこともあります。でも、そういうことがなくなった今は、純粋に毎日が充実していると感じます」

我が子はかわいいが、24時間ワンオペ育児になるなど、マイナスの側面もある。「今は結婚や出産の幸せを煽りすぎているのではと感じることもあります」と語る。

「あの人、性格が悪いから、結婚できなかったんだよ」という職場の陰口も気にしない〜その2〜へ続きます

このニュースに関するつぶやき

  • どうして自身の選択に言い訳と同意が必要なのか解らん、嫌なら嫌で腹を括りましょう。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • どうして自身の選択に言い訳と同意が必要なのか解らん、嫌なら嫌で腹を括りましょう。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

あなたにおすすめ

ニュース設定