ホーム > mixiニュース > 海外 > 卓球日本勢がT2ダイヤモンドで初戦敗退続出、「身内の掘った穴に見事に嵌った」=中国メディア

卓球日本勢がT2ダイヤモンドで初戦敗退続出、「身内の掘った穴に見事に嵌った」=中国メディア

7

2019年07月20日 19:22  サーチナ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サーチナ

写真中国メディア・東方網は20日、マレーシアで行われている卓球の国際大会T2タイヤモンドにて中国人選手9人が初戦を突破する一方で、大会前に優勝を勝ち取ると意気込んでいた日本勢は主力選手が相次いで初戦敗退を喫したと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディア・東方網は20日、マレーシアで行われている卓球の国際大会T2タイヤモンドにて中国人選手9人が初戦を突破する一方で、大会前に優勝を勝ち取ると意気込んでいた日本勢は主力選手が相次いで初戦敗退を喫したと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・東方網は20日、マレーシアで行われている卓球の国際大会T2タイヤモンドにて「日本人選手たちが、身内の掘った落とし穴に次々嵌った」とする記事を掲載した。

 記事は、男女シングルスのトップ選手16人が出場する同大会の1回戦が19日に終了し、中国人選手9人が初戦を突破する一方で、大会前に優勝を勝ち取ると意気込んでいた日本勢は伊藤美誠選手、張本智和選手、水谷隼選手、丹羽孝希選手、平野美宇選手、石川佳純選手といった主力選手が相次いで初戦敗退を喫し、唯一加藤美優選手だけが1回戦を突破して準々決勝に進出したと報じた。

 なかでも、1回戦の目玉カードとして世界ランク6位の石川佳純選手と同4位の中国・朱雨玲選手との対戦を挙げ、朱選手が4−1と勝利して貫録を見せ、石川選手からの勝利数を13に伸ばしたと伝えている。

 記事はまた、今大会について試合時間が24分を超えた後のゲームは5点先取制になる「奇抜なルール」が設けられており、これはすべて日本の卓球界が仕込んだことだと説明。そのうえで「まさにこのルールにより、伊藤選手や張本選手など数人の日本選手が敗退したのである」とした。

 そして、中国のネット上では「ルールを変えていい成績を得ようという狙いはすべて徒労に終わる。実力こそが物を言うのだ」、「日本勢は身内が掘った落とし穴に見事に嵌ったな」「ルールをどう変えたって、ダメなものはダメ。中国卓球界は層が分厚い。投機的な行動でうまくいくと思ってはいけない」、「基本的な技術面で劣る日本の選手は、5点取ればと思うと焦ってミスをする」といった感想や評価が見られると紹介した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

このニュースに関するつぶやき

  • テレビ映像メディアの放映時間の為にスポーツのルール変更を強要するのは本末転倒。テレビ側が放映時間を変更しろ。現代のマズゴミは最大の公害。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 中国人のスポーツ面での日本への対抗意識は凄まじい物を感じる。
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

あなたにおすすめ

前日のランキングへ

ニュース設定