ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > ブラジャーやショーツいつまで使う?買い替え時の見極め方

ブラジャーやショーツいつまで使う?買い替え時の見極め方

3

2019年07月20日 20:52  All About

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

All About

写真下着の正しい買い替え時について、機能面とシチュエーション面からお伝えします。
下着の正しい買い替え時について、機能面とシチュエーション面からお伝えします。

年に2回は下着の買い替え時!?

みなさんは、どのようなタイミングで下着を買い替えますか? 女性にアンケートを取ると、最も多いのが「ボーイフレンドができた時」。新しいボーイフレンドができると、昔の彼との思い出を消すためか、お気に入りだった下着はすべて買い替えるという人もいるほど。

それくらい、女性にとって男性との関係は下着を買いたくなるきっかけになるのです。

次に多いのが「旅行に行く時」。彼と旅行に行く時は当然のことながら、女友達と旅行に行く時も女子度が上がるような自慢できる下着を買う人が多いのです。

その他、新年や新しい環境がスタートする時、気持ちを切り替えたい時などに下着を買い替える人も多いのが現状です。

また着てみて、そのデザイン性や機能性にテンションが上がらないようでしたら、迷わず捨てることをお勧めします。自分の心理状態やシチュエーションに合わせて古い下着を捨て、新しい下着をうまく取り入れることはとてもいいことなのです。

では、なかなか新しい下着を買うような環境や心境がない場合はどうしたらいいのでしょうか? もちろん、自らが環境と心境作りをすることが大切ですが、もう一つの買い替えタイミングとしては、洋服と同じようにシーズンごとに下着を買い替えるということです。

下着には洋服ほど流行はありませんが、そうはいっても季節によって素材やデザインは変わっていますし、世界のランジェリー展での流行も毎年変わってきています。

ですから、せめて春夏に1回、秋冬に1回は新しい下着を新調すると、目に見えないところでもおしゃれを楽しめるのです。

さらには、下着を身に着けるうえで一番大切なことは、体にジャストフィットしている下着を身に着け続ける、ということですので、下着の機能が保たれなくなってきたら、それは最も分かりやすい買い替え時になります。

ワイヤーが曲がってきたら新しい下着への買い替え時

ブラジャーにとってバストを支える機能を持ったワイヤーは最も重要なパーツの一つといえます。ワイヤーがしっかりバストにフィットしていないと、ワイヤーがあたって痛いと感じたり、不快感を感じバストが赤くなってしまうこともあります。

最近のワイヤーの性能は上がってきたといっても、ブラジャーを洗濯機で洗ってしまうと、このワイヤーはどんどん歪み、曲がってきてしまいます。

手洗いをしていても、長い間ずっと着ているとワイヤーが歪んできてしまいますので、ワイヤーが曲がってきたな、と思ったらそれは間違いなくブラジャーの替え時です。

その他、アンダーベルトが伸びてきてゆるくなってきたと感じたり、ストラップのゴムが伸びきってきたらそれは替え時です。新しい下着に買い替えましょう。

下着のタグの文字が読めなくなってきたら買い替え時

他にも下着の買い替え時の目安はあります。それは、下着に着いているサイズなどを表記しているタグの文字が見えなくなってきたり、だいぶよれてきた時。その下着はだいぶ消耗していますので買い替え時です。

ショーツの買い替え時は、このタグのよれ具合で判断する場合もありますし、ショーツのゴムが伸びてきたと感じてきたり、マチ部分に毛玉ができてきたらそれも替え時です。

ショーツはブラジャーよりも消耗品ですので、ブラジャーとショーツをセットで買う時はショーツを2枚買いするとちょうど同じくらいのタイミングでブラジャーもショーツも寿命を迎えます。

是非ともベストな下着の替え時を見極めて、新しい下着を買って気持ちいい毎日を過ごしてください。
(文:山田 奈央子(ボディケアガイド))

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定