ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 複数の人を同時に好きに… 男性や高収入層は気が多い傾向も

複数の人を同時に好きに… 男性や高収入層は気が多い傾向も

1

2019年07月21日 09:21  しらべぇ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(sunabesyou/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
(sunabesyou/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

ナイジェリアや南アフリカなど、1人の男性が多数の女性を妻とする「一夫多妻制」が法律的に認められている国や、関与する全てのパートナーの同意を得て、複数の人と親密な関係を持つ「ポリアモリー」という恋愛スタイルがある。

複数の人に惹かれてしまうのは、より良い子孫を残したいという動物の本能的におかしいことではないようだ。しかし、そうした制度や恋愛スタイルとは別に、相手を騙して二股をかけることは人を傷つける場合が多く、あってはならないことだろう。

 

■約2割が「同時に好きになる」

しらべぇ編集部が、全国10代〜60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の19.8%が「複数の人を同時に好きになりがち」と回答した。

なお、男性24.2%、女性15.8%と、男女間で8ポイント以上差をついており、女性より男性のほうが気が多いことが判明した。

 

■年代が上がると男女間に差

また、この調査結果を男女年代別に見ていくと…

もっとも割合が高かったのは男女ともに10代で、男性30.8%、女性29.8%。10代の約3割は複数の人を同時に好きになっている結果に。男性も女性も年代が上がるごとに割合は低くなっていくが、女性の割合の下がりかたに比べると、男性はややゆるやかな減少にとどまっているのも興味深い。

 

■高収入層は気が多い?

さらに、この結果を年収別に見ていくと顕著な傾向があらわれた。

もっとも複数の人を同時に好きになってしまうことが多いのは、年収1000万円以上の人で28.6%。高収入層の割合が高いのが特徴的だ。

同時に複数の人を好きになってしまうことは起こり得ることのようだが、きちんと相手のことを考え誠実に向き合うことが大切だろう。

・合わせて読みたい→よく自撮りする人は1割弱 若い世代が多いものの高収入層の自撮り率は突出?

(文/しらべぇ編集部・赤坂

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年5月17 日〜2019年5月22日
対象:全国10代〜60代の男女1721名 (有効回答数)

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定