ホーム > mixiニュース > ライフスタイル > 10月の消費税増税前に、プロポーズを考えている男性は何割?<結婚に関するカップル意識調査>

10月の消費税増税前に、プロポーズを考えている男性は何割?<結婚に関するカップル意識調査>

2

2019年07月21日 19:22  マイナビウエディング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビウエディング

写真写真
全国に45店舗、海外に4店舗を展開するブライダルジュエリー専門店「銀座ダイヤモンドシライシ」が、
20歳〜39歳の「結婚を予定している」男女250名を対象に、
2019年3月、「結婚に関する意識調査」を実施。

消費税増税前にプロポーズを考えている男性の割合など、興味深い結果が明らかに!






2019年10月1日に、消費税が10%に引き上げられます。
もちろん結婚を予定しているカップルにとっても、婚約指輪・結婚指輪や結婚式、新婚旅行など、
結婚にまつわる費用全般が増税となるので、よりオトクに実行できるタイミングを考え中の人も多いのでは?

まずは結婚を予定している男女250名に「消費税増税前は、結婚のタイミングのきっかけになりますか?」
と尋ねたところ、22.8%が「なる」、77.2%が「ならない」と回答。

中でも、結婚を予定している男性の約3割(28%)が「なる」と答えており、
女性よりも消費税増税を結婚やプロポーズのタイミングと考えている人が多いようです。
また「なる」と答えた人からは、やはり「結婚費用を抑えたいから」
「新婚旅行に税金が安いときに行けるから」という声が多数聞かれました。

さらに、「結婚を意識するのはどのようなタイミングですか?」との質問には、
男女ともに1位は「自分の年齢が適齢期になったとき」という結果に。

続く第2位は、男性が「収入が安定したとき」(34.4%)、女性が「周りで結婚する人が増えたとき」(29.6%)という答え。
経済面を意識する男性に対し、女性は周りの環境が結婚のタイミングに影響を与えることがわかりました。

ちなみに、男女の考える金額の差はエンゲージリング(婚約指輪)にも!
2018年に銀座ダイヤモンドシライシが20歳〜39歳の未婚の男性2,500名に実施した調査によると、
男性が思う「エンゲージリングに必要な金額」の平均は「約47万円」。

一方、20歳〜39歳の未婚の女性250名に実施した調査では、
女性が「現実的にもらいたいエンゲージリングの金額」は「10万円〜20万円」が最多となり、
男性の想定よりも20万円ほど低い結果に。

女性は男性が思っているよりも、結婚資金に関して堅実に考えているのかもしれませんね。

ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ

◆「恋愛・結婚に関する意識調査」調査概要
調査方法:インターネットアンケート
実施機関:株式会社ネオマーケティング
実施期間:2019年3月16日(土)〜2019年3月18日(月)
対象地域:全国
対象者:男女20歳〜39歳 250名(結婚を予定している男性125名、結婚を予定している女性125名)


マイナビウエディングでは、常時8,000ピース以上のダイヤモンドと
数百種類のリングのデザインをご用意している「銀座ダイヤモンドシライシ」の
婚約指輪・結婚指輪、店舗情報、特典、クチコミなどを公開中です。
他にも結婚を考えているカップルにチェックしてほしいコンテンツが満載!
ぜひショップを訪れる前に確認して、賢い指輪購入をしてくださいね。


マイナビウエディングのmixiページを今すぐチェック♪

    あなたにおすすめ

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定