ホーム > mixiニュース > スポーツ > サッカー > トーレスも業を煮やして中盤へ。鳥栖の状況は昨季以上に深刻だ

トーレスも業を煮やして中盤へ。鳥栖の状況は昨季以上に深刻だ

1

2019年07月22日 06:31  webスポルティーバ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

webスポルティーバ

写真写真

 決して、一方的にやられたわけではない。先制されながらも、すぐさま追いつく反発力も示している。だからといって、勝てる可能性があったかと問われれば、首を縦に振ることはできない。

 スコアは1−2。僅差ではあったが、鹿島アントラーズとの実力差は、やはり大きかった。7月20日、カシマサッカースタジアムに乗り込んだサガン鳥栖は、試合巧者の前に屈し、最下位から脱することはできなかった。

 立ち上がりから目についたのは、攻守の切り替えや球際の攻防といったインテンシティの差だった。ボールを奪えば一気に切り替えて前に飛び出していく鹿島に対し、失った側の鳥栖はその推進力に後手を踏み、後ろ向きの対応を強いられてしまう。中盤と最終ラインの間のスペースに相手の侵入をあっさりと許し、フリーの状態でシュートを打たれてしまっていた。

 12分の伊藤翔の強烈な一撃はポストに助けられ、15分のレアンドロのシュートは高丘陽平の好セーブで難を逃れている。しかし19分、レアンドロのドリブルに中盤が置き去りにされると、カバーに入ったCBの高橋祐治がエリア内で倒し、PKを献上。これをあっさりと決められて、早い段階でビハインドを負った。

「鹿島さんに先制点を獲られると難しい展開になるのはわかっていたので、なるべく0−0の状況を長くして、そういったなかでチャンスをうかがうプランだった」

 金明輝監督が思い描いていたゲームプランは、早々に破綻した。

 それでも、その後は鳥栖の時間帯もあった。左サイドでうまく連動し、相手の対応を巧みにはがしていく。古巣相手に決めた金崎夢生の同点弾も(副審はオフサイドのフラッグを上げていたが)、左サイドが起点となって生まれている。

 もっとも、やはり変わらなかったのはプレー強度のギャップである。躊躇なく前に飛び出す鹿島の攻撃に、どうしても後れをとってしまう。

「攻撃で人数をかけるところだったり、相手の嫌なところに進入していくところでは、前回の試合より出せたかなと思います」

 金監督が振り返ったように、鳥栖としてはショートパスをつなぎながら、全体を押し上げ、前線の連係で崩そうとする狙いが見てとれた。しかし、前に人数をかける分、失った際には後方の人数が不足する。そこで求められるのはネガティブトランジションの速さだが、先んじてスペースに飛び出すのは鹿島のほうであり、鳥栖の守備陣は枚数の少ない状況で対応せざるを得なくなっていた。

 35分に失った2失点目も、レアンドロにサイドのスペースを突かれ、鳥栖は後ろ向きに追いかける対応となっていた。また、そこからのクロスを白崎凌兵に決められた場面でも、DFが先に身体を入れていたにもかかわらず、白崎に強引に押し込まれている。球際の攻防という部分でも、やはり鳥栖は相手に上回られてしまっていたのだ。

 1点を追いかける後半は、ほとんどチャンスを作れなかった。51分の豊田陽平のヘディングシュートの場面が、唯一の決定機だっただろう。

 端的に言えば、鳥栖のサッカーには迫力が不足する。丁寧にパスをつなごうとする意図は見てとれるが、なかなかスピードが上がらず、リトリートした相手を崩すことができない。アタッキングサードでの連動性もスムーズさに欠け、受け手と出し手の意図が合わず、パスがずれてしまう場面も散見された。

 前線には金崎、豊田と強力なストライカーがいる。金崎には推進力とガムシャラにゴールに向かう闘争心、豊田には高さとパワーが備わる。両者のプレーの特徴は、まぎれもなくチームの武器である。しかし、淡々とパスを回すだけで、その能力を生かし切れていないのだ。

「つなぐ時と(長いボールを)蹴る時のバランスがよくないところはあります」

 豊田は現状をそう分析している。

「そこは僕も言ってはいるんですけど、なかなか難しい。割り切って蹴ればいいところもありますし、割り切るだけでは次につながっていかない部分もある。どちらかに偏るのではなく、バランスよくやっていく必要がある」

 パスワークや連係で崩してくのが理想だが、状況に応じて、シンプルに前に預けるやり方があってもいいはずだ。ましてや、アバウトなボールを収められる人材がいるのだ。それを生かさない手はないだろう。

 途中出場のフェルナンド・トーレスも、「早くボールを入れろ」というジェスチャーを見せたものの、なかなかボールが出てこない状況に業を煮やし、中盤にまで下がってきてしまう場面も見られた。

 かたや鹿島には、試合の流れを読む目が備わっていた。ボールを保持して時間を作るとき、一気にスペースを突いて相手を押し込むとき――状況に応じた柔軟性が、このチームの強さの秘訣だろう。

 あるいは、守備でもそうだ。後ろに人数をかけて対応する場面もあれば、相手に流れが渡りそうな時間帯には一気にスイッチを入れ、前からボール奪取を狙っていく。その感覚をチーム全体で共有できているから、バランスが崩れない。

 単純に個々のうまさや強さという部分だけでなく、組織力という意味でも、鹿島は鳥栖を凌駕していた。

「今日の試合もそうだし、他の試合でも大差で、ボロボロにやられているわけではない」

 鳥栖のキャプテンを務める福田晃斗は、前向きに話す。一方で、このままではいけないという危機感も示した。

「守り切るところと、取り切るところが、他のチームよりも欠けているのかなと思う」

 たしかにやられっぱなしではないし、チャンスが作れないわけでもない。しかし、ここぞという場面で守り切れず、ゴールを奪えない。勝負どころでパワーを注ぐことができない=試合の流れを見極めることが今の鳥栖には欠けているのかもしれない。

 今季はまだ14試合残っている。残留争いを深刻に語るのは、早計だろう。一方で、もう14試合しかないという捉え方もできる。

 昨季も残留争いに巻き込まれた鳥栖は、終盤に監督交代を決断。残り5試合を3勝2敗で乗り切り、土壇場で残留を勝ち取った。

 しかし、今季はすでにその一手を打ってしまっている。スタートダッシュにつまずき、監督交代で息を吹き返したかと思えば、状態は再び下降線を描いている。そんな状況を踏まえれば、事態は昨季以上に深刻だ。

 2012年以来、J1にとどまり続ける地方クラブに、今、最大の危機が訪れている。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定