ホーム > mixiニュース > 社会 > 投票率5割を切る、大雨影響か

参院選投票率48.8%=95年に次ぐ低水準−総務省【19参院選】

196

2019年07月22日 08:01  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 総務省は22日、参院選の選挙区の投票率が48.80%だったと発表した。国政選挙(補選を除く)の投票率が5割を切るのは戦後2回目で、1995年参院選の44.52%に次ぐ低さ。一方、公示翌日から20日までの間に期日前投票を済ませた有権者は、参院選では過去最多の1706万2771人に上った。

 福岡、佐賀、長崎、鹿児島が前回比で10ポイント以上低下しており、九州の大雨が影響したとみられる。今年は統一地方選と参院選が重なる12年に1度の「亥(い)年選挙」で、選挙疲れが低投票率につながった可能性もある。

 投票率は高知を除く46都道府県で低下。最高は山形の60.74%、最低は徳島の38.59%だった。

 一方、総務省の発表によると、期日前投票者数は2016年の前回より6.79%増え、全有権者の16.01%を占めた。38都道府県で前回を上回り、高知では3割超の伸びを記録した。導入から15年以上が経過し、制度が浸透していることがうかがえる。 

このニュースに関するつぶやき

  • 1に吉本、2に京アニ、3・4が無くて、5に参院選
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • だからといって選挙結果が否定されるもんじゃね〜し〜🤪投票の権利を行使しない「棄権」もまた選択肢の一つ🤪今回の選挙は「棄権」を選択した有権者が多かったって話だわさ🤪
    • イイネ!80
    • コメント 15件

つぶやき一覧へ(133件)

あなたにおすすめ

ニュース設定