ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『なつぞら』第98話では、雪次郎(山田裕貴)が劇団「赤い星座」次回作の主役に抜擢される

『なつぞら』第98話では、雪次郎(山田裕貴)が劇団「赤い星座」次回作の主役に抜擢される

0

2019年07月22日 08:21  リアルサウンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

リアルサウンド

写真『なつぞら』写真提供=NHK
『なつぞら』写真提供=NHK

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『なつぞら』。7月23日放送の第98話では、劇団「赤い星座」次回作の主役に雪次郎(山田裕貴)が抜擢される。


参考:『なつぞら』貫地谷しほり演じる麻子の幸せを願う 女性たちの生き方が描かれた第16週


 雪次郎と蘭子(鈴木杏樹)の仲が噂になった第96話。第97話では、なつ(広瀬すず)や茜(渡辺麻友)とともにテレビ班に行くように命じられた坂場(中川大志)は、仲(井浦新)や井戸原(小手伸也)たちに、東洋動画のテレビアニメに対する姿勢を問うが、納得いく回答が得られない。なつに、もう漫画映画の世界には戻れないとこぼす坂場。その頃、劇団「赤い星座」の稽古場では、次回作の主役が発表され、雪次郎が抜擢される。しかし、納得いかない若手劇団員たちは雪次郎を呼び出す。


 戦後、北海道の大自然、そして日本アニメの草創期を舞台に、まっすぐに生きたヒロイン・なつの夢と冒険、愛と感動の物語。主演の広瀬すずをはじめ、中川大志、岡田将生、染谷将太、貫地谷しほり、渡辺麻友、川島明、比嘉愛未、山口智子らがキャストに名を連ねる。(リアルサウンド編集部)


    あなたにおすすめ

    ニュース設定