ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > インターネット > 園児名札は燃える豆腐? 商品化

園児の名札は「豆腐オンファイヤー」?ノマド外国人から見た“日本文化”のユーモアに反響

49

2019年07月22日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真「なんでこれが名札なの‼️‼️」「燃えてる豆腐やん‼️‼️」というツイートが話題に 画像提供:アルトゥル(@ArturGalata)さん
「なんでこれが名札なの‼️‼️」「燃えてる豆腐やん‼️‼️」というツイートが話題に 画像提供:アルトゥル(@ArturGalata)さん
 幼稚園等でよく見かけるチューリップ型の名札が“燃えてる豆腐(Tofu on fire)”に見えるというツイートが7万いいね、「そうめんをゆでたら、あんなに増えるなんて‼️‼️‼️‼️マジックだよ‼️‼️」と4束もゆでたエピソードに15万いいねなど、外国人ならではの視点で度々注目されているアルトゥル(@ArturGalata)さん。ヨーロッパのラトビア出身で世界中を旅するアルトゥルさんから見た、日本の “おかし”な所を聞いた。

【写真】園児の名札にブタの蚊取り線香も、日本文化のユーモアを商品化いろいろ

■“豆腐オンファイヤー”に“ブタの蚊取り線香”も即商品化、日本のユーモア広めたい

 「絵文字にも存在するチューリップ型の名札が海外の人から見ると“豆腐オンファイヤー”」というのは度々話題となっているが、驚くべきは、アルトゥルさんはツイートがバズった“その日”に、自ら豆腐オンファイヤー柄のTシャツやスマホケース、トートバッグなどを商品化してしまった。過去にはZOZO前澤社長の100万円当選し、外国人が日本で観光しやすくするサービスや日本人に海外を身近に感じてもらえる事業を展開したいと発言している。

――ふだんどういったお仕事をされていますでしょうか。
【アルトゥルさん】サブスクリプション型のウェブサイト作成&管理のサービスを行っています。現在は日本とラトビアの案件を持っています。

――現在の拠点はどちらになりますでしょうか。
【アルトゥルさん】基本的にはラトビアか日本になるのですが、特に住む場所にこだわってはいません。ネット環境があればどこでも仕事はできますので、この先住みやすい場所を探す旅をしながら仕事ができればと考えています。

――「豆腐オンファイヤー」のチューリップ型の名札はどこで見かけたのですか。
【アルトゥルさん】一緒に旅をしている日本人の方から「これは何に見える?」と絵文字を見せてもらいました。なぜか、海外には見かけない名札の絵文字が携帯に入っているのです。その時は名札とはまったくわからず「豆腐が燃えてる?マシュマロ?」と聞きました。

――我々日本人もなかなかその絵文字を使う機会はないので、名札の絵文字があるとはびっくりです(笑)
【アルトゥルさん】もう一つ驚いたのは、日本の地図だけ絵文字があるという事です。他の国はその国だけの絵文字はありませんし、国の形を見てここが日本だと思えるのは世界的に見てもすごいと思いました。

――商品化しようと思ったのはなぜですか。
【アルトゥルさん】外国人だから感じる事ができる日本の面白い文化や、素敵な文化を広めたいなと思いました。日本人の方にとっては普通のこと、日常のことであっても、新しい気づきだったり発見があれば、日本人の方が日本の文化にももっと目をむける事もあると思いました。もちろん、外国人に対して日本の文化を伝える良いアクションになるとも考えています。

――商品化した後の反響はいかがですか。
【アルトゥルさん】本当に売れるのかどうか心配はありましたが、予想以上に反響があって驚いています。ほぼ利益はありませんが(笑)。

――今後も商品ラインナップを広げていく予定はありますか。
【アルトゥルさん】はい。私が感じた『外国人の視点から見る日本の面白い文化や、物・イベントなど』をデザインしたアイテムを増やしていきたいなと思っています。こないだは“ブタの蚊取り線香”を見てランプだと思ったのですが、蚊をやっつけるだなんて面白くてユーモアのある文化だなぁと感じ、早速商品化しました。

――ほかにも日本で不思議に思っていることはありますか。
【アルトゥルさん】今興味があるのは『エモい』という感情と表現です。emotionalという単語は理解できますが、その単語を『エモい』と表現する事に対して非常に興味深いです。この先、不思議だなぁと思った事はどんどん発信して、多くの方の考えを吸収して、何かに繋げられたらいいなと思っています。

――ZOZOTOWN前澤さんの企画でいただいた100万円はどのように使われましたか。
【アルトゥルさん】今行っているウェブサイト作成&管理のサービスを拡大し、日本と世界の人々の距離をもっと縮める事に貢献できればと考えていますので、起業の為の費用に使わせていただいています。

■好きな言葉は「宜しくお願いします」、好きな日本食は「メロンパン」

――世界中を旅されている中で、日本に拠点を持たれている理由、決め手となったのはどういった点でしょうか。
【アルトゥルさん】私自身が日本を好きという事が一番の理由になります。日本は物価の高い国だという印象がありますが、自炊をすればそこまで高くはありませんし、とても住みやすい国だと思っています。交通費は驚くほど高いですが(笑)。

――日本に興味を持ったきっかけを教えてください。
【アルトゥルさん】最初にアニメに興味がありました。アニメを見るうちに日本人の考え方に興味を持ちました。日本の文化や考え方についてもっと知りたいと思い、翻訳なしで日本文学を読むことができるようになりたいと思いました。

――初めて日本に来たのはいつですか。
【アルトゥルさん】2017年の4月が初めての来日でした。

――そのときの印象、驚いたこと、思い出があれば教えてください。
【アルトゥルさん】東京や大阪のような大都市で、高層ビルと神社が同じ場所に並んで調和している事に驚きました。またメロンパンの最初の一口を覚えています。メロンパンは本当に私にとって衝撃の食べ物でした。

――では、好きな日本の食べ物はメロンパンですか。(厳密には“日本食”ではないですが…)
【アルトゥルさん】メロンパンです。チョコチップメロンパンは世界で一番美味しい食べ物だと思っています。
ツナマヨおにぎりがその次に美味しいです。お寿司やしゃぶしゃぶなども素晴らしい日本の食事と思いますが、一番はメロンパンです。

――好きな日本語は何ですか。
【アルトゥルさん】木漏れ日/わびさび/宜しくお願いします/金繕い。翻訳できない言葉が好きです。

――今後の目標を教えてください。
【アルトゥルさん】外国人がもっと日本を旅しやすくなるようなサービスを提供したいと思っています。日本語を読めない外国人にとって、まだまだ日本は旅をしやすい国ではないと感じています。

個人的な目標としては10年以内に世界の10ヶ所以上に自分自身が『私が暮らせる場所』を作り上げたいと思っています。好きな時に好きな場所を訪れ、ストレスがない生活をおくれる状況をつくりあげたいです。

――日本ではどんな場所が気になっていますか。
【アルトゥルさん】大都会への憧れもありますので東京に住んでみたいという気持ちもありますが、日本は都道府県ごとに一つの国ぐらい違う文化があると思っていますので、様々な場所に住んでみたいです。


動画を別画面で再生する


このニュースに関するつぶやき

  • 文中の「そうめんを茹でると……」の主に、日本乾物会のリーサルウェポン「乾燥わかめ」の脅威を教えてあげたい(笑)
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 「日本は変」と、麺類のズルズル食いを批判する外国人は他所の国に行けばいいと思う。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(25件)

あなたにおすすめ

ニュース設定