ホーム > mixiニュース > トレンド > 南海電鉄「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」発売、阪神版も発売へ

南海電鉄「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」発売、阪神版も発売へ

0

2019年07月22日 12:42  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
南海電気鉄道は20日、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録決定を記念し、「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」を発売した。

「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ」では、南海本線難波〜堺間と高野線汐見橋〜中百舌鳥間が1日乗降り自由に。お得なきっぷを設定することで、仁徳天皇陵古墳を擁する堺エリアへのさらなる誘客を図る。

購入特典として、堺市博物館と大仙公園日本庭園の入館料・入園料が無料になるほか、堺市内の各施設でも割引やノベルティプレゼントが受けられる。価格は大人700円、小児350円。難波駅、新今宮駅、天下茶屋駅で販売する。

同きっぷのフリー区間に加え、神戸高速線を除く阪神電車全線も1日乗降り自由になる「堺・百舌鳥古墳群世界遺産きっぷ(阪神版)」も8月1日に発売される。価格は1,200円(大人用のみ)で、阪神電車の梅田駅、尼崎駅、甲子園駅、御影駅、神戸三宮駅の駅長室と阪神電車サービスセンター(神戸三宮)にて販売する。(佐々木康弘)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定