ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > Seagate、2TBモデルまで用意した高速転送対応M.2 NVMe SSD「FireCuda 510 SSD」など5シリーズを投入

Seagate、2TBモデルまで用意した高速転送対応M.2 NVMe SSD「FireCuda 510 SSD」など5シリーズを投入

0

2019年07月22日 14:12  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真Seagate「FireCuda 510 SSD」
Seagate「FireCuda 510 SSD」

 Seagate Technologyはこのほど、M.2 NVMe SSD「FireCuda 510 SSD」「BarraCuda 510 SSD」、NAS用SATA SSD「IronWolf 110 NAS SSD」、外付けHDD「Backup Plus Ultra Touch」、プレイステーション 4用外付けHDD「Game Drive」の販売を開始した。



【その他の画像】



 FireCuda 510 SSDおよびBarraCuda 510 SSDはともにM.2 2280フォームファクターに対応したNVMe SSD。BarraCuda 510 SSDは薄型筐体を実現する片面実装モデルで、転送速度はリード最大3400MB/s、ライト最大2180MB/s。両面実装モデルのFireCuda 510 SSDはリード最大3450MB/s、ライト最大3200MB/sを実現している。



 IronWolf 110 SATA SSDは、NAS専用をうたった2.5インチSATA SSDで、エンタープライズクラスの耐久性能を実現し24時間の常時稼働への対応がうたわれている。



 Backup Plus Ultra Touchは、USB 3.0接続に対応したポータブルHDDで、付属アダプターを用いることでType-C接続にも対応。フォルダ同期による自動バックアップ機能やハードウェア暗号化機能を標準で装備した。



 Game Driveは、USB 3.0接続に対応したポータブルHDDで、PS4システムへの最適化がうたわれているのが特徴となっている。



 新製品のラインアップと価格は以下の通りだ。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定