ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > デジタル製品 > マウスのIoT製品が販売終了 サービス終了後は利用不可に

マウスのIoT製品が販売終了 サービス終了後は利用不可に

1

2019年07月22日 15:12  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真「mouse スマートホーム」の製品紹介ページ
「mouse スマートホーム」の製品紹介ページ

 PC販売のマウスコンピューター(東京都中央区)は7月22日、同社のスマートホーム製品群「mouse スマートホーム」の販売を終了したと発表した。製品群を利用するためのクラウドサービスも2022年6月30日に終了し、製品群は以後利用できなくなるという。



【その他の画像】



 製品・サービスを共同開発していた台湾EQLと協議し、ユーザーの利用状況を鑑みて終了を決めたとしている。



 サービス終了後は、クラウドサービスやスマートフォン向けクライアントアプリが利用できなくなるため、製品群も家電コントロールとしての機能を失う。



 マウスコンピューターは17年にスマートホーム事業に参入。テレビやエアコンを遠隔操作する「ルームハブ」、家電の電源をオン・オフできる「スマートプラグ」、赤外線で人の動きを検知する「モーションセンサー」などを販売していた。参入時、小松永門社長は「いろいろなモノがインターネットに繋がったIoT生活にどんな提案をできるか考えた」とスマートホーム事業を始めた理由を話していた。


このニュースに関するつぶやき

  • 2017年にサービス開始して、この体たらく。2022年にゴミになる製品を、直前まで売っていたのは、詐欺ではないか(たとえ契約条項に、突然サービスを終了できるとか書いてあったとしても)。マウスは信用できない企業であることが確定。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定