ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 吉本興業・岡本社長会見【全文(2)】「50%の減俸を1年間続けることにします」

吉本興業・岡本社長会見【全文(2)】「50%の減俸を1年間続けることにします」

3

2019年07月22日 15:20  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真会見で頭を下げる岡本社長(撮影/西岡千史)
会見で頭を下げる岡本社長(撮影/西岡千史)
 吉本興業の岡本昭彦社長が、22日午後2時半から闇営業騒動をめぐる一連の吉本興業の問題について、都内で会見した。

【写真】宮迫・亮の主張とのズレは?会見で配られた「時系列まとめ文」がこちら

(1)に引き続き、会見の一問一答を掲載する。

*  *  *
岡本:質疑をお受けする前に、まずお伝えしたい2点についてお話させていただきたいと思います。その2つとはコンプライアンスの徹底。そして芸人、タレントファーストで物事を考えるということです。

 この2つが徹底されてこそ吉本興業は世界の皆様から愛され、信頼される会社であり続け、笑顔の絶えない社会に貢献できると考えております。

 にもかかわらず、今回、所属タレントにおきまして反社会的勢力から結果的に金銭を受け取ってしまう事態が発生しました。つまり反社会的勢力の排除が、結果的に徹底できていませんでした。

 また芸人、タレントファーストで物事を考えるということにつきましては、吉本興業のお笑いを愛する芸人の人達が会社に対して不信感をつのらせ、結果、先日のような会見を行わせてしまう結果になってしましました。これらはすべて私の責任であります。

 まずはコンプライアンスの徹底という点についてお話させていただければと思います。これらコンプライアンスの徹底については、これまでの年2回のコンプライアンス研修、24時間のコンプライアンスのホットライン、コンプライアンスをまとめた小冊子などを整備してまいりましたが、今回の事態を受け、より反社会的勢力の排除などを含めた、社員を含めた協働確認書取り交わせていただく準備を進めてまいります。

 またコンプライアンス、ホットラインにつきましては全員に電話番号0120を設定していますので、いつでも困ったときにすぐにそのホットラインに連絡をもらえるような体制を構築していければと思います。

 例えば居酒屋などで食事をしている際にでも、反社会的勢力かもしれないという人からビールをすすめられたり、写真を撮ったりとか、断りきれないことがあった場合、速やかに連絡できる場所として、写真やタレントやみなさまに徹底していければと思っております。

 続きまして、芸人、タレントファーストにつきましては今回、事実関係が十分明らかになっておらず、関係した芸人たちの意志がきちんと定まらない状態で記者会見を行うことは、帰って芸人たちを傷つけてしまうと考えた私と、一日も早く説明と謝罪をしたいという芸人さんとの間で正しい意思疎通ができず、結果として本人たちにつらい思いをさせてしまいました。申し訳ございませんでした。

 タレント、社員を含めて吉本興業は全員が家族、ファミリーであると考えております。タレントが最高のパフォーマンスをできるように、我々がその環境をつくっていかなければならないという事に関しましては、一度もぶれたことはないと思っております。しかし、その思いが、本人たちに伝わっていなかったということは、私の一番の反省点である、不徳の致すところです。本人たちとのコミュニケーション不足を痛感しております。

 多くの芸人、タレントが所属する現在、大切な芸人さんとのコミュニケーションが疎かになってしまっているではないか、日々の業務に追われ、彼らの思いに真摯に耳を傾けることを怠っていたのではないかと非常に反省しております。もう一度、イチから見直して考えていく所存であります。

 吉本興業が、笑いをお客様に届けて笑顔のたえない社会にするためには、まず笑いを届ける才能あふれる所属の芸人さんたちが自分らしく活躍でき、生きていくことができる環境にあることがなによりも大事なことであるにもかかわらず、その根本となる信頼関係が揺らいでいる現場につきまして、大変責任を感じております。その意味で、今回の宮迫君と亮君は笑いをお客様に届ける芸人であり、彼らが自分らしく生きていける才能を発揮できる環境になかったことをほんとうの意味で芸人、タレントファーストが実現できていなかったことを彼らに対して心からお詫びを申し上げたいと思います。

 さきほども申し上げましたが、もし彼らの気持ちが受け入れてもらえるならば……(ハンカチで涙を拭う)、すいません……、同じテーブルで向かい合って、彼らの思いに耳を傾け、最善の解決策をイチから考えてまいりたいと思います。

 今回の件に関しましても、明石家さんまさんに「芸人のことを考えてやってほしい。もちろん会社の立場もあるやろうけど、もし(契約)解除するんだったら俺が手伝ってやってもいいか?」と言われました。

 松本(人志)さんからは「そういうちょっと間違いを犯した子たちをサポートできるような環境をつくってそれを俺も手伝う」ということもおっしゃっていただきました。

 その他、いろんなタレントさんやあるいは、大阪で頑張っていただいているベテランの方や、叱咤激励を受けました。会社としましては、このような本当に素晴らしい芸人、タレントさんの思いに応えきれていないことを、非常に反省しております。

 これからその方々の思いを受け止め、そのような受け止められる組織をつくることを実現できるよう進めて行ければと思っております。

 以上の通り、コンプライアンスの徹底、芸人、タレントのファーストの取り組みを必ず進めて、世界中の人に描いが届けられるような会社を目指して行ければと思います。

 つきましては、この2つのことに関して、社長として至らなかったことに対して、50%の減俸を1年間続けることといたします。会長の大崎からも同様の申し出があり、同様に50%、1年間の減俸とすることを合わせてご報告させていただきます。

 加えて、吉本の素敵な芸人さんを応援してくださっている方々、テレビの前でお笑いを楽しみにしてくださっている方々。吉本に所属してくれている才能あふれるお笑いを志す人々やアーティストやスポーツ選手等、すべての芸人、タレント、社員、全員は宮迫君と亮君の会見を見て、不安を感じたと思います。

 冒頭に事実経過を説明させていただきましたが、本日はみなさんが疑問、不審に思っていることにつきまして、正直にお話をする機会をいただきたく思い、本日の会見にいたりました。忌憚のないご意見、ご質問を頂戴できればと思います。よろしくお願いいたします。

【全文(3)へ続く】

(AERA dot.取材班)

このニュースに関するつぶやき

  • 社長の話が長く何言ってんだ?となり、質問なんだったっけ?と訳分からんくなる大失敗記者会見ww
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定