ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 『スッキリ』阿部レポーター、加藤浩次の発言を岡本社長にぶつける「進退は?」

『スッキリ』阿部レポーター、加藤浩次の発言を岡本社長にぶつける「進退は?」

2

2019年07月22日 15:46  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長 (C)ORICON NewS inc.
吉本興業の岡本昭彦代表取締役社長 (C)ORICON NewS inc.
 吉本興業の岡本昭彦社長(53)が22日、都内で記者会見を開催。この日に放送された日本テレビ系『スッキリ』でMCの加藤浩次(50)の「俺は(吉本興業を)やめる。この取締役が変わらないんだったら」という発言について、同番組の阿部祐二レポーターが岡本社長にぶつけた。

【写真】加藤浩次の美人妻 キッチンに立つかおりさん

 加藤は20日の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)の会見について「会社に対しての怒りを僕は覚えました」「ここまでやってしまう状況に会社が追い込んだということに、僕は本当に憤りと怒りを感じています」と思いを吐露。岡本社長が亮に対して「会見するなら全員クビにする」と発言したことについても、異論を唱えていた。

 会見で記者から発言の真意を聞かれた岡本社長は、6月24日の謹慎発表のプレスリリースを作る際に、宮迫、亮、ガリットチュウ・福島善成、レイザーラモン・HGの4人との打ち合わせがスムーズに進まなかったため、会話を進行させるために「僕的には冗談で言った」と釈明。しかし、4人には「全く受け入れられなかった」と話した。

 また、4人がミーティングでそれぞれの思いを語り、膠着していたため「反社会的勢力からお金を取られた被害者がおられるということが、そのやり取りを見ていて感じ取れなかった」と発言に至った理由を説明。「個人バラバラで言うんだったら、勝手にせいと、会見するなら全員クビにするぞ、と。身内の感覚で発言し、相手に思いが伝わらなかったというのは、まったくもって僕の反省しなければならないところ。申し訳なく思っております」と謝罪した。

 阿部レポーターは続けて「社長の進退は減俸50%おしまいになる?」と追求すると、「この状況というか、まだまだいろんな調査・ヒアリングがありますし、今の喋りづらい環境とかの意見を真摯(しんし)に受けて、そこを全力で変えていくことを今やらなければと思っています」と、現時点では社長を退任する意志がないと話した。

 加藤は『スッキリ』で「これからもこの体制、今の社長、そして会長の体制が続くと思ったら、僕は吉本興業を辞めます。みんなずっと我慢して、頑張ってやってきて、こんな浮かばれないことがこの会社で起こってるんだよ!」と糾弾。前日放送のフジテレビ系『ワイドショー』でのダウンタウン・松本人志の「大崎さんが辞めるんだったら、僕も辞める」という発言についても、「大先輩に対して僕が口を開くのは、本当におこがましい話かもれしれないですけど」と前置きし、「会社のトップが責任取れない会社って、機能してるのかな?」と疑問を呈した。

このニュースに関するつぶやき

  • こんなに誠実な社長を辞めさせてはいけません。加藤浩次は売れっ子だからあんなことを言って失礼ですよね。
    • イイネ!12
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定