ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 「かつて神だった獣たちへ」ハンクは擬神兵ベヒモスを止めることができるのか!? 第4話先行カット

「かつて神だった獣たちへ」ハンクは擬神兵ベヒモスを止めることができるのか!? 第4話先行カット

1

2019年07月22日 16:22  アニメ!アニメ!

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

アニメ!アニメ!

写真『かつて神だった獣たちへ』第4話先行カット(C)めいびい・講談社/かつ神製作委員会
『かつて神だった獣たちへ』第4話先行カット(C)めいびい・講談社/かつ神製作委員会
TVアニメ『かつて神だった獣たちへ』より、7月22日(月)放送の第4話「巨獣の猛進」のあらすじと先行カットが到着した。


『かつて神だった獣たちへ』の原作は、めいびいによる「別冊少年マガジン」で連載中の人気コミックだ。
長き戦乱を和平へと導き、神と称えられた救国の英雄“擬神兵”。時は経ち、戦争が過去へと移り変わる今、人の姿と引き換えに“擬神兵”となった者たちは、その過ぎたる力ゆえ、人々からただ「獣」と称ばれ、恐れ蔑まれる存在へと変わっていた。
そんな中、元擬神兵部隊の隊長・ハンクは、獣に身を堕としたかつての戦友でもある“擬神兵”を殺す者・獣狩りとして旅を続けていた。



第4話では、ハンクとシャールは蒸気機関車で国境へと向かう。国境の谷に掛かる大陸一の鉄橋は、北部と南部の境界に位置しており、平和の架け橋と呼ばれ、戦後を生きる者たちの生活を支えている。その鉄橋に迫るように前進を続ける擬神兵ベヒモス=アーサー・オールストンを止めるため、ハンクはこの地に呼ばれていた。無数の砲弾を浴びてもなお前進を続ける擬神兵ベヒモスを、ハンクは止めることができるのか!?



TVアニメ『かつて神だった獣たちへ』第4話「巨獣の猛進」は、2019年7月22日(月)からTOKYO MX・MBS・BS11ほかにて放送。

『かつて神だった獣たちへ』作品概要
TOKYO MX・BS11:7月1日より毎週月曜23:00〜
MBS:7月2日より毎週火曜27:30〜
AT-X:7月3日より毎週水曜23:30〜
(リピート放送:毎週金曜15:30〜/毎週日曜6:30〜/毎週火曜7:30〜)
FOD:7月1日より毎週月曜23:00配信

※都合により放送日時は変更になる場合がございます。

■キャスト
ハンク:小西 克幸
シャール:加隈 亜衣
ケイン:中村 悠一
クロード:石川 界人
ライザ:日笠 陽子
エレイン:能登 麻美子
ミリエリア:市ノ瀬 加那
エリザベス(アラクネ):坂本 真綾
エドガー(バジリスク):安元 洋貴
ウィリアム(ニーズヘッグ):平川 大輔
ダニエル(スプリガン):立花 慎之介
セオドア(ミノタウロス):内山 昂輝
アーサー(ベヒモス):津田 健次郎
クリストファー(ガーゴイル):福山 潤
ベアトリス(セイレーン):早見 沙織
ロイ(ガルム):鈴木 達央

■スタッフ
原作:めいびい(講談社「別冊少年マガジン」連載)
監督:宍戸 淳
シリーズ構成:村越 繁
キャラクターデザイン・総作画監督:新沼 大祐
擬神兵デザイン監修:佐野 誉幸
色彩設計:鎌田 千賀子
美術監督:森川 裕史
CGディレクター:大田 和征
撮影監督:三舟 桃子
編集:相原 聡
音楽:池 頼広
制作:MAPPA
(C)めいびい・講談社/かつ神製作委員会

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定