ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > ジオウ劇場版は平成仮面ライダーファンへの「アンサー」田崎竜太監督が語る

ジオウ劇場版は平成仮面ライダーファンへの「アンサー」田崎竜太監督が語る

1

2019年07月22日 17:00  シネマトゥデイ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

シネマトゥデイ

写真劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C) 2019 テレビ朝日・東映 AG・東映
劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C) 石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C) 2019 テレビ朝日・東映 AG・東映

 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』(7月26日公開)について、メガホンを取った田崎竜太監督が語る特別映像が公開された。


 「仮面ライダーアギト」にはじまり多数の平成仮面ライダー作品の監督を務めた田崎監督。映像では、「仮面ライダージオウ」のもうひとつの最終回であり、平成仮面ラ

イダーの最終映画であるという本作の位置づけが語られる。


 そして、「平成仮面ライダー」を「ひとくくりにしたくない」という作り手の言葉を「ジオウ」が代弁してくれていると、多くの作品に携わってきたからこその熱い思いと、その瞬間瞬間を一生懸命に生きた仮面ライダーたちを称える本作に込められたメッセージを伝える。


 田崎監督は、本作を平成を生きてきた平成仮面ライダーファンへの「アンサー」とも明かしており、劇場公開を前にファンの期待をあおるコメント映像となっている。


 さらに、同時上映される映画『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』の上堀内佳寿也監督のコメント映像も公開に。本作は「騎士竜戦隊リュウソウジャー」の“エピソードゼロ”ともいうべきもの。


 映画ならではの物語であり、さらには「テレビじゃ見られない感情表現」を実現したと語る上堀内監督。映画で見られる「リュウソウジャー」の新たな一面に想像がふくらむ。ストーリーについては「実はずっとある意味伏線を張っているようなもの。最後に仕掛けがわかる」と意味深なコメントを残している。(編集部・小山美咲)


【関連情報】
新・仮面ライダーゼロワンとは?ストーリーに注目
令和1作目は「仮面ライダーゼロワン」人工知能がテーマ!主演は高橋文哉
仮面ライダー電王・佐藤健&中村優一、10年ぶり再会!2ショットにファン歓喜

    あなたにおすすめ

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定