ホーム > mixiニュース > コラム > 【開運作法/第4回】ランチタイムは1日の中休憩、午後に向けてリフレッシュを!

【開運作法/第4回】ランチタイムは1日の中休憩、午後に向けてリフレッシュを!

1

2019年07月22日 19:31  占いTVニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

占いTVニュース

写真写真

――いい運を引き寄せ「強運体質」になるためには、日々の暮らしや考え方にひそむ「開運の法則」を知ることが大切です。運気アップにつながる小さな習慣を実践することで、どんどん運がひらけていきます。それはいわば、神様に願いを聞き届けていただくための「作法」といえるのです。


 スピリチュアルカウンセラー瀧天貴が、成功と幸せをもたらす「開運作法」を紹介します!


<第4回>
お昼の開運作法〜ランチタイムは1日の中休憩、10分昼寝でリフレッシュ!


 ランチタイムは1日の中休憩であるとともに、午後のやる気を促すための大切な時間。昼食を取るだけでなく、心身のリフレッシュをすることで効率的に動けるようになり、運気も上がっていきます。


■休憩はなるべく1時間取って
 朝から慌ただしくなっている心をホッと落ち着かせるためにも、お昼休みはなるべく1時間取りましょう。ただ、あまり食事に時間をかけすぎないよう、丼ものやカレー、麺類など、最初の30分でさっと食べられるようなものを選ぶこと。また、午後の行動に影響が出るので、基本的に腹八分を心がけてください。


■忙しいときはフレッシュな栄養をチャージ
 忙しくて休憩が十分取れない場合も、必ず一息つく時間を作りましょう。ただ、昼食を取らずお茶やコーヒー、お菓子などですましたりすると、気持ちがだらけやすくなり、午後からのやる気がダウンしてしまいます。そんなときは、手軽に栄養補給できる野菜ジュースやカットフルーツがオススメです。フレッシュなエネルギーと潤いが身体にいきわたり、集中力が増します。


■最後に昼寝とマッサージでリフレッシュ
 昼食後は「10分間の昼寝」でリフレッシュ。少しの間、動くのを止めて休むことで、午後からの気持ちを切り替え、行動力を上げることができます。食事の後に寝るなんて、と思う人もいるでしょうが、寝ることはとても有効な心身のリセット方法。起きた後は頭がクリアになり、スッキリしているはずです。眠れなければ、とにかく何も考えず、ぼーっとしましょう。そして、最後に耳の上のコメカミと生え際からつむじ、下におりて首筋までを指で押してマッサージを。さらに気持ちが上がり、仕事への意欲も上向きになります。


 ランチタイムにどう行動するかが、午後の充実度を決めるといっても過言ではありません。時間を有効に使って、開運を呼び込みましょう。
(瀧天貴)


>>NEXT:その疲れは邪気かも!? 1分でできる“セルフお祓い”のやり方


    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定