ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > Tesla、最新の充電器Superchargerを配備したステーションを米ネバダに開設

Tesla、最新の充電器Superchargerを配備したステーションを米ネバダに開設

0

2019年07月23日 06:21  Techable

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techable

写真写真
電気自動車メーカーのTeslaは米国内外で自前の充電ステーションを展開しているが、このほど最新の充電器を配備したステーションを米ネバダ州ラスベガスに開設した。

急速充電できるのに加え、充電で使用する電気は施設の屋上に設置したソーラーパネルで発電している。
・24基を配置充電ステーションはラスベガスの繁華街にオープンし、最新のV3 Supercharger計24基が配置された。

最高出力は250kWと従来の充電器よりも大きく、これまでよりも速く充電できる。Model 3ロングレンジなら15分つなぐだけで290キロ走行できるだけの充電ができるという。
・真のエコにまた、このステーション施設の屋根にはソーラーパネルが設置された。EVは電気で走り、ガソリン車と違ってガスを排出しない。そのため環境に優しい乗り物とされている。確かにそうだが、その電気が再生可能エネルギーになれば真にエコな乗り物となる。

そうしたことから、新ステーションは既存の給電網に頼るのではなく、ソーラーパネルを設置して発電した電気をバッテリーに蓄電し、それをEVに供給している。つまり、このステーションで充電すれば自然に負担をかけずに走行できることになる。

こうした取り組みは、Teslaが車製造だけでなくソーラーパネル事業も展開していることを考えれば、不自然なことではない。素早く充電でき、しかも電気は再生可能エネルギーというユーザーと環境にフレンドリーなステーションがあちこちに展開されれば、EVに乗り換える人も今後さらに増えるかもしれない。

Tesla/Twitter

(文・Mizoguchi)

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定