ホーム > mixiニュース > 海外 > 中国、米国産プロパノールへの反ダンピング調査開始=商務省

中国、米国産プロパノールへの反ダンピング調査開始=商務省

0

2019年07月23日 14:00  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[北京 23日 ロイター] - 中国商務省は23日、米国から輸入されるプロパノールに対する反ダンピング(不当廉売)調査を開始したと発表した。プロパノールは食品パッケージ向けの印刷インク用溶剤などとして利用されている。


発表文によると、調査は同日から1年間実施する見通し。特殊なケースでは2021年1月23日まで延長する可能性があるとした。


商務省は既に2018年1月1日から同年12月31日まで関連調査を実施し、産業損害調査を15年1月1日から18年12月31日まで行っている。


南京諾奥新材料を含む国内3社が6月14日に反ダンピング調査を要請していたという。


3社の資料や商務省の予備調査によると、3社は2015─18年の期間に国内のプロパノールと関連製品の生産量の50%強を占めた。


*内容を追加しました。

    あなたにおすすめ

    ニュース設定