ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 京アニ 映画作画監督も不明に

「情報ない」、案ずる友人=上映中の映画作画監督も不明に−京アニ放火事件

313

2019年07月23日 14:02  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 「情報が入ってこない。大丈夫か心配」。京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」スタジオ放火事件では、全国で上映中のシリーズ映画の総作画監督西屋太志さんも連絡がつかなくなっている。友人の男性(37)は不安を募らせている。

 広島県内で会社を経営する男性と西屋さんは、中学、高校の6年間同じクラスだった。名字順の出席番号が前後で、中学時代にともに卓球部員だったこともあり仲良くなった。一緒に下校したり、家で遊んだり。男性は「とてもいいやつだった」と当時を振り返る。高校でも1年の秋まで、一緒に野球部で白球を追った。

 「とにかく絵がうまい」。男性が西屋さんの絵で印象に残っているのは、中学時代に描いたロックバンド「THE YELLOW MONKEY(ザ・イエロー・モンキー)」のCDジャケットのデッサン。精緻な描写に「プロになれるで」と話したという。

 西屋さんと最後に電話で話したのは数年前だが、「彼の活躍はネットなどで見ていた」と男性。西屋さんは京アニに入社後、テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」や上映中の映画「劇場版Free!−Road to the World−夢」など、多くの人気作品で作画やキャラクターデザインを手掛けた。

 男性は事件が起きた18日の夕方、仕事終わりにニュースを知った。「まさか、こんなことないだろう」と思い慌てて電話したが、今も連絡はつかない。「同級生からも心配の電話がかかってくる。安否が知りたい」。無事を切に願っている。 

このニュースに関するつぶやき

  • ☆ 被害者人権の保護もだが、殆どの犠牲者が判別付かないくらい焼け爛れて詳細判明出来ないとか。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 本当に心配 吉本とか本当にどうでもいい
    • イイネ!413
    • コメント 23件

つぶやき一覧へ(141件)

あなたにおすすめ

オススメゲーム

ニュース設定