ホーム > mixiニュース > 海外 > 英次期首相にジョンソン氏、24日就任へ 「合意なき離脱」強行も

英次期首相にジョンソン氏、24日就任へ 「合意なき離脱」強行も

0

2019年07月23日 22:46  ロイター

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ロイター

写真写真

[ロンドン/ブリュッセル/パリ 23日 ロイター] - 英与党・保守党は23日、欧州連合(EU)離脱強硬派のボリス・ジョンソン氏(55)を次期党首に選出した。ジョンソン氏は24日に首相に就任し、合意の有無にかかわらず10月末にEUからの離脱(ブレグジット)実現を目指す。


ジョンソン氏は党首選の決選投票で9万2153票を獲得。対抗馬のジェレミー・ハント外相の4万6656票に約2倍の差を付けて勝利した。


投票後、ジョンソン氏は「10月31日にEUから離脱する。『実現できる』という新たな精神が生み出す機会を全て生かす」と言明した。


同氏はEUと離脱協定案の再交渉を目指すが、不可能であれば「合意なき」離脱も辞さない姿勢を鮮明にしている。しかし、英議会がこれに反発すことは必至で、ジョンソン氏の首相就任によって、ブレグジットを巡る新たな攻防が始まる可能性が高い。また、保守党が北アイルランドの民主統一党(DUP)の閣外協力を仰ぐ必要があることも問題を複雑にする。


ゴールドマン・サックスはこの日、合意なき離脱の確率を15%から20%に引き上げ、ジョンソン氏が次期首相に就任することで、強硬な離脱を阻止する「ハードル」がこれまで以上に高くなったと指摘。同時に、離脱協定案の再交渉が行われる確率は45%に維持した。


トランプ米大統領はツイッターでジョンソン氏に祝辞を送り、「彼は素晴らしい首相になる!」と投稿した。


EU当局者もそろって祝意を表明。しかし、ジョンソン氏が目指す離脱協定再交渉の可能性には懐疑的な見方を示し、「前途は厳しい」とけん制した。


EUのバルニエ首席交渉官は「離脱協定案の批准と秩序あるブレグジット実現に向け、ジョンソン氏と建設的な仕事をしていくことを楽しみにしている」と述べた。


フォンデアライエン次期欧州委員長は「厳しい前途が待ち構えている」とし、「われわれは、欧州そして英国双方に良い結果をもたらす責務を負っている」と語った。


マクロン仏大統領は、ジョンソン氏と「できる限り早期に」ブレグジットだけでなく、イラン問題や他の国際安全保障を巡る問題に対処していきたいと語った。


マクロン大統領の側近、ナタリー・ロワゾー氏は「英国・EUの緊密かつ建設的な関係を望んでいるが、離脱協定案は良い内容で、EUはこれを堅持する」とコメントした。


ジョンソン氏は、離脱協定案の争点となっているアイルランドとの国境問題に関するバックストップ(安全策)条項の撤廃を目指している。


ジョンソン氏の勝利発表前、欧州委のティマーマンス筆頭副委員長は、EUが離脱協定案を変更することには同意しないと言明していた。


同氏は記者会見で「英国はEUと合意した。EUは合意を堅持する」とし、「最良の合意内容だ」と語った。ジョンソン氏の主張に耳を傾けるとしつつも、合意なき離脱は英国にとり最悪のシナリオと警鐘を鳴らした。


また、ホルムズ海峡での石油タンカーの拿捕(だほ)などで、英国との緊張が高まっているイランのザリフ外相もジョンソン氏に祝意を表明。「イランは対立を望んでいない」と強調した。


ジョンソン氏は米ニューヨーク生まれ。英国の名門イートン校卒業後、オックスフォード大学に進み、経営コンサルタントになったものの1週間で退職。その後ジャーナリズムの道に進み、英タイムズ紙に就職したが、コメントを捏造したとして解雇された。デイリー・テレグラフ紙では、現在のEUの前身となる欧州経済共同体(EEC)を風刺する報道で知られ、当時首相だったマーガレット・サッチャー氏に気に入られていたという。


その後、政治家に転身したが、不倫問題でうそをついていたことが明るみに出たことで、保守党の役職を解任された。2016年には一躍ブレグジットの「顔」となったが、離脱の是非を問う国民投票前、英国がEUにとどまれば毎週3億5000万ポンド(約4億4000万ドル)のコストを負担することになるという誤解を招くキャンペーンを打ち出したとして提訴された。


こうした背景から、ジョンソン氏の首相としての資質に疑問を投じる向きも少なくない。


野党・労働党のコービン党首は、ジョンソン氏が富裕層向け減税策を約束し、合意なきEU離脱を提唱することで、保守党の党首選で票を獲得したと批判。「しかし、英国の支持を勝ち取ってはいない」と述べた。


為替市場では、ジョンソン氏の勝利がすでに織り込まれていたこともあり、ポンドはほぼ変わらず。「合意なき」離脱を巡る懸念から、ポンド/ドルはここ数週間で約2年ぶりの安値となる1.24ドル近辺で推移している。


*動画を追加して再送します。

    あなたにおすすめ

    前日のランキングへ

    ニュース設定