ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 原田泰造「泳げる水風呂」で平泳ぎ!?磯村勇斗らに報告『サ道』

原田泰造「泳げる水風呂」で平泳ぎ!?磯村勇斗らに報告『サ道』

1

2019年07月24日 12:12  テレビドガッチ

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

原田泰造、三宅弘城、磯村勇斗がサウナー(サウナ好き)役で出演するドラマ25『サ道』(テレビ東京系、毎週金曜24:52〜)の第2話「風の滝でととのう」が7月26日に放送される。

全国のサウナーにとっての“サウナ伝道漫画”であるタナカカツキの「マンガ サ道〜マンガで読むサウナ道〜」を初めて実写化。サウナ大使にも任命されたプロサウナーであるタナカが、自身をモデルとし、実体験をもとにサウナの奥深さや入り方・マナーなどを描いた作品。サウナの道=“サ道”を究めていく過程や、そこで出会う個性的な人々との出来事がウィットに描かれている。原田演じる伝説のサウナーの後を追って全国を旅するナカタアツロウが主人公で、キャスト、スタッフ共に自他ともに認めるサウナ好きが集結。小宮有紗、荒井敦史、山下真司、荒川良々のほか、サウナーなら誰もが会いたい、サウナ界の重鎮も続々登場する。

<ストーリー>
ナカタアツロウ(原田)は、ある日を境にサウナ中毒になってから、全国のサウナに足を運んでいる。普通は禁止されている「泳げる水風呂」が備えつけられた施設を訪れ、驚きながらも喜んでいると、ナカタはふと、まだ自分がサウナに通い出したばかりの頃のことを思い出した。

その日、ナカタは水風呂に長く浸かりすぎてしまいすっかり身体を冷やしてしまったため、脱衣所でダウンしていた。そんなナカタの視界に、幻のように蒸しZ(宅麻伸)が姿を現す。果たして、蒸しZが口にしたサウナの極意とは一体……!?

    あなたにおすすめ

    ニュース設定