ホーム > mixiニュース > トレンド > 日本初の銭湯風保護猫カフェ

「ねこ浴場」日本初の銭湯風保護猫カフェが大阪・心斎橋にオープン

67

2019年07月24日 14:04  モデルプレス

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真ねこ浴場/画像提供:ネコリパブリック
ねこ浴場/画像提供:ネコリパブリック
【女子旅プレス=2019/07/24】日本初の銭湯風保護猫カフェ「ねこ浴場」が大阪・心斎橋にオープンした。

【動画あり】15匹の保護猫が日頃の疲れを癒してくれる…大阪「ねこ浴場」内部の様子

◆大衆銭湯をイメージした昭和レトロな保護猫カフェ

「ねこ浴場」は、”昭和の大衆銭湯”をイメージしたレトロな空間で、猫仕様にしつらえた特別な畳に寝ころんで15匹の保護猫たちと戯れたり、足湯をしながら可愛らしい姿を眺めたりと、猫と触れ合うことで日々の疲れを癒して元気になってもらうことを目的とした保護猫カフェ。
壁に描かれた富士山の絵や、小物を持ち運ぶケロリン桶、追加料金で本格的な足湯を体験できるなど、細かな点まで銭湯らしさを追求。保護猫たちにとっては人と触れ合うことで人馴れトレーニングとなり、また今後猫を家族として迎えいれることを検討している人に向けた、保護猫と出会うマッチングの場にもなっている。


動画を別画面で再生する


◆写真を撮りたくなるスポットが沢山

最も銭湯らしさを感じさせる富士山の壁画は、アーティストが手書きで描いたもの。壁についているアクリル製のキャットステップで、富士山を背に猫がくつろいでいたり、店舗外観からも目に付く「猫おどり場」で、ネコたちがひなたぼっこをしてくつろぐ姿を見られたりと、思わず写真を撮りたくなるスポットを店内に多数設置。
また、天井のキャットウォークにはアクリルボールやボードがあり、肉球が丸見えになったり、なかなか見ることのできない猫を下から見上げた姿も楽しめる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■ねこ浴場概要
大阪府大阪市中央区島之内1-14-29 1F(大阪メトロ「長堀橋」駅より徒歩3分)
TEL:06-4708-3889
営業日:月曜日〜日曜日
営業時間:平日 12時〜21時(最終受付20時30分)
土日祝 12時〜20時(最終受付19時30分)

■ねこ浴入浴料(入場料)
平日:10分200円(税抜)
土日祝:10分250円(税抜)

1時間コース 平日:1500円(税抜)
土日祝:1800円(税抜)
平日限定1日フリープラン3800円(税抜)

【Not Sponsored 記事】

このニュースに関するつぶやき

  • こう言うコンセプトもいいね。楽しそう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 全部保護猫でこれから猫を迎え入れる人のためのマッチングもしてるならいいと思う。ストレスもあるだろうけど、猫はたぶん慣れる。問題はむやみに触ろうとする人だね。気をつけてあげよう。
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(26件)

あなたにおすすめ

ランキングトレンド

前日のランキングへ

ニュース設定