ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > NEC、杉並区に「スマート街路灯」設置 街を照らしつつ、センサーで川の水位をチェック 災害対応を迅速化

NEC、杉並区に「スマート街路灯」設置 街を照らしつつ、センサーで川の水位をチェック 災害対応を迅速化

1

2019年07月24日 14:33  ITmedia NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真NECが杉並区に配備する「スマート街路灯」
NECが杉並区に配備する「スマート街路灯」

 NECは7月24日、東京都杉並区の街路灯に無線通信機や各種センサーを取り付けてIoT化し、区内を流れる善福寺川を観測する実証実験を行うと発表した。水位センサーなどが取得したデータを杉並区区役所に転送し、異常時にはアラートを出すことで、災害対応の迅速化を目指す。



【その他の画像】



 実験では、区内12カ所の街路灯に、通信に対応した照明、水位センサー、カメラ、マルチセンサー(照度・湿度・温度・振動・傾斜)などを設置。8〜12月にかけて運用し、有用性を検証する。



 IoT化によって、水位観測の他、遠隔地から照度を変更したり、故障や照明切れを検知したり、複数の街路灯をネットワーク化して地域一帯の明るさを調節したり――といったことも可能になるため、街路灯の管理効率化にもつながるとしている。



●サイネージを使えば地域活性化も



 NECは街路灯をIoT化する「スマート街路灯」事業を推進しており、各種センサーに加え、デジタルサイネージを備えたライトを本社ビル敷地内などに設置している。杉並区での実証実験では使用しないが、サイネージに近隣店舗の広告などを表示すれば、地域活性化なども期待できるとしている。


    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定