ホーム > mixiニュース > エンタメ > 映画 > 山田孝之、ポルノ業界の風雲児演じ「自信をもって世界に出せる!」「全裸監督」プレミア

山田孝之、ポルノ業界の風雲児演じ「自信をもって世界に出せる!」「全裸監督」プレミア

0

2019年07月24日 20:52  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「全裸監督」ワールドプレミアイベント
「全裸監督」ワールドプレミアイベント
「放送禁止のパイオニア」と呼ばれる村西とおるの破天荒な人生を描いたNetflixオリジナルシリーズ「全裸監督」ワールドプレミアイベントが7月24日(水)、豊洲PITにて行われ、村西を演じた主演の山田孝之らキャスト総勢12名と武正晴総監督が、ワイワイと登壇した。

「全裸監督」は、バブル景気に沸いた1980年代の日本を舞台に、ポルノ業界に旋風を巻き起こし、AV監督として一時代を築いた伝説の男・村西の生き様を映し出したドラマシリーズ。1980年、会社が倒産し、妻にも浮気されて失意のどん底にいた村西(山田さん)は、黎明期だったアダルトビデオに勝機を見出し、仲間とともに業界に殴り込むことに。大胆不敵なアイデアで旋風を巻き起こした村西たちの前に、運命の女性・恵美(森田望智)が現れる。

山田さん「絶対面白くなる、自信をもって世界に出せる」

まるで村西が乗り移ったかのように精魂込めて演じた様子の山田さんは、「絶対面白くなるなと思ったので、すごくワクワクしてました」とオファーがきたときを思い起こす。そして「いまだに海外に行くと12年前に演じた役“芹沢”と言われるんですけど、“村西”と言われたい。すごく面白い作品になったので、自信をもって世界に出せると思います」と作品への並々ならぬ気合いを明かした。


ハワイロケも敢行しており、劇中、カメラマン役で参戦した後藤剛範は、「ハワイの現地スタッフさんで素晴らしいのが、カットがかかると、すごいでかい皿にフルーツをのせて歩いてくるおじさんが来る」と、スタッフらしき“フルーツおじさん”の存在を熱弁。「日本にない気づかい」と興奮の後藤さんだったが、誰もフォローせず、山田さんが「本当に楽しい思い出がいっぱいの中、なぜフルーツの話をしたのか謎」と後々突っ込んだ。


山田さんのハワイの思い出と言えば、「ヴィクトリアズシークレットに行って下着を見たんです。普通に見てたよね?」と恥ずかしがらずに女性ものの下着を見たと言い、後藤さんも「そうなっちゃうんでしょうね!」と同意していた。

女優陣の奮闘に武総監督も「すごい」と絶賛

アダルトビデオ業界を描く作品とあって、女優陣も一糸まとわぬ姿で奮闘している場面も収められている。ヒロインの森田さんについて、武総監督は「変わるんです。びっくりしました。後半アダルトの世界に入っていくと、違う人になっていた。現場で変わった人、すごいと思います」と絶賛。


森田さんの母親役となった小雪さんは、「全裸監督」のような題材に出演することについて、「女性が性に対して語る、発言すること、カップルや夫婦間で話し合うことは大事だと思っているので、女性が発言することで、自己表現していくのはいまの時代でも通じるものがあり、女性への応援メッセージが共感したポイントだったので参加したいなと思いました」と、きっぱりと語った。「本物を映し出したいという皆さんの情熱、脚本がしっかり根底にあった。仕事ですけど、その時代を生きている実感を疑似体験のように演じたので、楽しい時間でした」とにっこり微笑んでいた。


そのほか、ワールドプレミアイベントには、満島真之介、玉山鉄二、森田さん、伊藤沙莉、冨手麻妙、板尾創路、リリー・フランキー、國村隼、石橋凌も出席した。

Netflixオリジナルシリーズ「全裸監督」は8月8日(木)よりNetflixにて全世界独占配信。

(cinamacafe.net)

    あなたにおすすめ

    ニュース設定