ホーム > mixiニュース > ゲーム・アニメ > アニメ・マンガ > 京アニ犠牲者の身元公表必要?

京アニ犠牲者の身元公表は必要か? 「近く公表へ」に疑問

266

2019年07月25日 17:02  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真京アニ犠牲者の身元公表は必要か? 「近く公表へ」に疑問
京アニ犠牲者の身元公表は必要か? 「近く公表へ」に疑問

 7月18日に、「京都アニメーション」第1スタジオで起きた放火殺人事件。放火で亡くなった犠牲者の数は34人にものぼり、発生から一週間たった7月25日に全ての身元が特定されたことが、ニュースを通じて伝えられました。


 それと同時に報じられたのが共同通信などの「身元特定、近く公表へ」(※1)。一方、時事ドットコムの7月25日の記事によると、京都アニメーション側は“「遺族のプライバシーが侵害され、甚大な被害を受ける可能性がある」として実名公表を控えるよう要請している”(※2)と伝えています。


【さらに詳しい元の記事はこちら】


 公表について、京都府警と京都アニメーション側が協議を行っているとのことですが、このニュースをうけてネットには「公表は必要か?」という疑問の声が噴出。「公表を急ぐより遺族によりそってほしい」「公表しなくてもいい気がする」「故人のSNS探しが活性化しそう」などの意見も出ています。


 犠牲者の身元を公表しなければならない理由は不明ですが、死者が出た事件の場合には、犠牲者名が公表される傾向にあります。つまり慣例があるのかもしれません。産経新聞の7月24日の記事タイトルは「京アニ放火 特定難航、遺族に配慮 発生1週間も身元公表至らず」(※3)となっています。「身元公表至らず」、公表されることが当然のような表現です。


 しかし、もし慣例が単に理由であるならば、時代にあった対応とも、遺族に寄り添った対応とも言えません。


 7月24日に京都アニメーション公式サイトで発表された追記事項によると、「弊社は警察及び報道に対し、本件に関する実名報道をお控えいただくよう、書面で申入れをしております。遭難した弊社社員の氏名等につきましては、ご家族・ご親族、ご遺族のご意向を最優先とさせていただきつつ、少なくともお弔いが終えられるまでの間は、弊社より公表する予定はございません」(※4)としており、少なくとも早期公表を望んでいないことは明らかです。


 筆者は、WEBニュースを扱うようになり12年ほどとなりますが、その間みてきたネットの動き方から考えると、仮に今“犠牲者名”を公表した場合には、京都アニメーションが懸念するとおり、新たな被害を生む可能性が高いと考えます。


 例えば、ネットの意見にもあるように、犠牲者がつかっていたSNSアカウント探しが盛んになること。これは、ネットの「〜さんのFacebookは?結婚してる?顔写真は?」という、正体不明なまとめサイトの内容充実および収益化を手助けするだけでなく、過去の「プライベートな発言」や「写真」、さらには「個人的な趣味作品」まで大衆の目にさらすことにつながりかねません。


 場合によっては過去発言に言いがかりをつけて、亡くなった方の人格否定をする者や、とんでもない憶測を吹聴する者も現れるでしょう。人は様々で、他人から批判される内容や、全くの嘘であったとしても「注目されたい」を理由にして、息をはくように簡単に嘘をつく人も存在しているのです。そうして一人歩きした内容は、最終的に残された人たちに向かう鋭い刃となることは想像に難くありません。


 さらには、ニュースで報じられることにより、それまで連絡が途絶えていた昔の知人、友人からの連絡が遺族のもとへ殺到し、新たな混乱を生むことも十分考えられます。


 あまりに有名で、京都アニメーションの業務上どうしても公表せざるを得ないという立場についていた方の場合には、もちろん遺族同意のもと公表も仕方ないのかもしれませんが、そうした例をのぞいては遺族の気持ちが最優先にされるべきであり、もし公表されることがあっても、遺族自らが希望するタイミングで良いと思われます。そもそもですが、犠牲者名を公表しなければならない義務はありません。


 末席とはいえ、メディア側の私が言うのもあれですが、身元公表されずに困るのはメディアとまとめサイトくらいですから。


 今はただ、被害にあわれた人たちの体と心のケア、亡くなった方の遺族のケアを最優先にしつつ、まさに混乱の渦中にいる京都アニメーションの人たちにとって、最善の方法が選ばれること、筆者も微力ながら心より願っています。


 なお、文末での紹介となりますが、京都アニメーションが7月24日に支援金の預かり口座を公表しています。預かった支援金は、亡くなった犠牲者の家族や、療養中の方と家族、そして会社再建のために使用されます。また、支援金の収支については、透明性を旨とし今後報告されるそうです。


<株式会社京都アニメーション 支援金預かり専用口座>
銀行名 京都信用金庫
銀行コード 1610
支店名 南桃山支店
店番号 048
口座種別 当座預金
口座番号 0002890
口座名義 株式会社京都アニメーション 代表取締役 八田英明
※ 表示名「カ)キヨウトアニメーシヨン」


<参考・引用>
画像:Googleニュースのスクリーンショット
※1:犠牲者34人全ての身元特定、近く公表へ:共同通信(2019年7月25日)
※2:犠牲者34人の身元特定=容疑者は重篤状態続く−京アニ放火・京都府警:時事ドットコム(2019年7月25日)
※3:京アニ放火 特定難航、遺族に配慮 発生1週間も身元公表至らず:産経新聞(2019年7月24日)
※4:京都アニメーション公式サイト


(宮崎美和子)


このニュースに関するつぶやき

  • 元々は死去した官吏について官報で公示したことが起源なんでしょうが、死亡広告(商業広告という意味では無く、公示告知という意味で)って社会が必要としている情報の一つでもあったという社会の側面もある。みんな社会人だし。。。
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 身内の合意を得られた場合を除き、原則公表する必要は無いだろう。…まあ、ファンの立場としては「あのスタッフさんは無事なのか?」気になるだろうが。そこは時間が解決するまで待つのがファンというものだろう。 https://mixi.at/abH6Zl0
    • イイネ!155
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(161件)

あなたにおすすめ

ランキングゲーム・アニメ

オススメゲーム

ニュース設定