ホーム > mixiニュース > トレンド > 首都圏からアクセス抜群!おすすめフラワーパーク2選【こどもと遊ぼう×クルマ旅マスター Vol.6】

首都圏からアクセス抜群!おすすめフラワーパーク2選【こどもと遊ぼう×クルマ旅マスター Vol.6】

0

2019年07月26日 17:12  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
■色彩と香りに癒される旅!5万株のラベンダー畑「たんばらラベンダーパーク」

まず最初にご紹介するのは、たった2ヶ月の営業期間に、なんと10数万人のお客様が訪れる、関東を代表するフラワーパーク「たんばらラベンダーパーク」。

夏の北海道「星野リゾート トマム」。絶対に行きたくなる6つの理由【こどもと遊ぼう×クルマ旅マスター Vol.5】

都心からクルマで約2時間とアクセス良好。標高は1,250〜1,350mで、都心との気温差は10℃を超える日も。避暑地としても人気を博しています。

「たんばらラベンダーパーク」のラベンダーは、なんと5万株!早咲き、中咲き、遅咲きと時期によって様々なラベンダーが開花するので、訪れるたび、違う顔を見せてくれます。

ヒマワリやニッコウキスゲ、マリーゴールドなど、ラベンダー以外の花々も多彩。花の開花情報はホームページに掲載されているので、事前にチェックしておくとよいでしょう。

■清涼感たっぷり!約10分間の空中散歩を楽しもう

園の中腹までは、全長700mの夏山リフト「ウッディライン」を利用するのがおすすめ。高原の涼しい風を感じながら、約10分間の優雅な空中散歩が楽しめます。

リフト途中、写真撮影スポットがあり、プロカメラマンが記念撮影をしてくれます。その写真はプリントアウトされ、リゾートセンター前に陳列されるので、旅の記念に購入してはいかが?

【夏山リフト】
◎期間:〜2019年8月25日(予定) ◎料金:大人往復900円・片道600円、小学生往復500円・片道400円、未就学児無料

■標高1,350m!人気No.1の絶景ポイント「大展望台」

中腹からラベンダー畑を眺めつつ斜面を登ると、最上部(標高1,350m)にあるのが大展望台。眼下に広がる壮大なお花畑を一望できるビュースポットで、その眺めはSNS映えすること間違いなし!

そのほか、「英国チェルシーフラワーショー」で金賞を受賞し続ける世界的な庭園デザイナー、石原和幸氏プロデュースの「アニマルトピアリー」も要チェックポイント。

高原で遊びまわる、かわいい動物たち。人気のフォトスポットです。

■ウォータースライダーが大人気!「たんばランド」

子連れ旅行には欠かせないのが、子供の遊び場。「フラワーパークは子供が飽きそうで心配」という親御さんも多いかと思いますが、たんばらラベンダーパークには「たんばランド」があります!

全長200mを誇るウォータースライダーやじゃぶじゃぶプールは暑い夏にもってこい!そのほか、エア遊具やボルタリングなど、楽しいアクティビティが盛りだくさんです。

【たんばランド】
◎期間:〜2019年8月25日(予定) ◎営業時間:8:30〜16:30 ◎料金:入園無料(ウォータースライダー1回300円 ※8月18日まで営業)

■群馬名産の食材をふんだんに使った料理に舌鼓

広大なお花畑を巡れば、当然、お腹も空いてきます。中腹のレストハウス内にある「ウッドランドカフェ」は、群馬名産の上州牛や上州麦豚を使った、こだわりのメニューが盛りだくさん。

リゾートセンター内の「レストランON&OFF」では、高原野菜と上州牛、上州麦豚のイタリアンバイキングが楽しめます。

■人気のラベンダーソフトの販売数はなんと6万個!

中腹にあるハイランドガーデン内の「Tambara Kitchen」では、高さ20僂鮓悗襯魯鵐弌璽ー「TKB」(TAMBARA KING BURGER1,800円)が名物。期間限定なので、挑戦してみてはいかがでしょう。

そして、ゼッタイ外せないのが「ラベンダーソフト」(400円)。シーズン中の累計販売数はなんと6万個という大人気スイーツです。ふわっと香るラベンダーの香りと、爽やかな甘さがクセになるおいしさですよ!

たんばらラベンダーパーク
<DATA>
■TEL/0278-23-9311
■住所/群馬県沼田市玉原高原
■営業期間/〜2019年8月25日(予定)
■営業時間/8:30〜17:00(最終入園16:30まで)
■休日/期間中無休
■入園料/大人1,200円、小学生以下無料、ペット400円(オリジナルエチケットバッグ付)
■交通/関越自動車道 沼田ICから約19辧JR上越線 沼田駅から路線バスで約50分

■ゆりの数、なんと400万輪!日本最大級のゆり園

続いてご紹介するのは、栃木県の「ハンターマウンテンゆりパーク」。たんばらラベンダーパーク同様、冬季はスキー場としてにぎわう場所ですが、夏季にはゆりが一面に咲き誇る、美しいフラワーパークへと変貌します。

3万坪もの広大な敷地には約50種類、その数なんと計400万輪ものゆりが咲き誇るというから驚き!

中腹までは、フラワーリフトで楽々移動が可能。リフトの線下にもゆり畑が広がっており、色とりどりのゆりを眺めながらの空中散歩が楽しめますよ。

【フラワーリフト】
◎期間:〜2019年8月25日 ◎料金:セット券(入園券+フラワーリフト上り券)大人1,600円、子供800円 ほか ※子供は3歳〜小学生、2歳以下無料

■自分なりの“映え”スポットを探そう!

起伏のあるスキー場というフィールドを生かし、植えられたゆりの展示方法も実に多彩。緩やかな傾斜に広がる「ゆり平原」に始まり、急な斜面に沿ってゆり畑が続く「ゆり大斜面」など、その迫力に思わず見入ってしまうポイントが満載です!

そのほか、面白い形や模様に沿ってゆりが植えられた「サークルゆり」「デザインゆり」など、ハンターマウンテンならではの特徴的なエリアが盛りだくさん!花畑を一望できる展望台もあり、SNS映えのフォトスポット探しをするのも楽しそうですよ。

■大人も子供も楽しめるプチ遊具&ハンモック

ハンターマウンテンゆりパークには、まだまだお楽しみがいっぱい♪園内にはターザンロープやブランコ、トランポリンなどのプチ遊具が設置されており、ゆりを眺めつつ、大自然の中で、プチアスレチックが楽しめちゃいます。

なかには、大人もくつろげるハンモックもあり、腰掛けてまったりとした時間を過ごすのも優雅なもの。高原の美しい景色や花々に囲まれて、日々の疲れも癒されることでしょう。

■ここでしか味わうことのできない味覚“ゆりグルメ”を堪能

ここに来たからには、ぜひ味わってほしいのが「ゆりグルメ」。レストラン「ビッグアップル」では、ゆりの根を使用した料理が楽しめます。

ゆり根の天ぷらが添えられた「ゆり根と季節野菜の天盛りそば」などの麺類をはじめ、ゆり根を散りばめたピザ「ゆり根と那須豚ベーコン マルゲリータ」もおすすめ。「ゆりソフトクリーム」も大人気♪

ハンターマウンテンゆりパーク
<DATA>
■TEL/0287-32-4580
■住所/栃木県那須塩原市湯本塩原字前黒
■営業期間/〜2019年8月25日
■営業時間/9:00〜16:45
■休日/期間中無休
■入園料/大人1,000円、3歳〜小学生500円、2歳以下無料
■交通/東北自動車道 西那須野塩原ICから約29辧JR東北新幹線 那須塩原駅よりタクシーで約60分

■入園招待券が当たる!キャンペーン実施中

「こどもと遊ぼう」編集部がご紹介する「首都圏からアクセス抜群!おすすめフラワーパーク2選」、いかがでしたか?この夏は、美しい花々に癒されつつ、清涼感たっぷりの高原リゾートを満喫してみてはいかがでしょうか。

今回は「たんばらラベンダーパーク」「ハンターマウンテンゆりパーク」から、入園招待券をご提供いただきました。ご応募はこちらから!

たくさんのご応募お待ちしております!

    あなたにおすすめ

    ニュース設定