ホーム > mixiニュース > 社会 > 6日 西日本にまっしぐら! 8号の進路が過去の台風にそっくり(動画)

6日 西日本にまっしぐら! 8号の進路が過去の台風にそっくり(動画)

2

2019年08月02日 17:01  ハザードラボ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ハザードラボ

写真今回の台風と類似している過去の台風の経路(防災科学技術研究所)
今回の台風と類似している過去の台風の経路(防災科学技術研究所)

 2日に発生した台風8号(フランシスコ)について、気象庁は来週6日ごろ、暴風域を伴って西日本から南西諸島に接近するおそれがあるという予測を発表した。今後の進路によっては大荒れや大しけ、大雨が予想される。
 2日午後3時現在、台風8号は小笠原諸島最南端の南鳥島近海を時速30キロにスピードアップして、北北西へ進んでいる。中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、強風域を伴っている。

6日には西日本に接近のおそれ 台風は今後さらに発達しながら西北西に進み、4日朝には暴風域を伴った状態で小笠原諸島に接近。このため海上では急に波が高まり、うねりを伴って大しけとなる見込みだ。  台風はその後も発達しながら西北西に向かい、6日ごろには暴風域を伴って西日本から南西諸島に接近するおそれがあり、九州南部に上陸する可能性があると予想される。  台風の中心が予報円に入る確率は70%なので、今後も進路は変化する可能性がある。引き続き最新の台風情報に注意のうえ、西日本の太平洋側を中心に、週明けの接近に備えて早めの準備を心がけてほしい。

過去の台風の進路と被害は? 一方、防災科学技術研究所の水・土砂防災研究部門のチームは、今回の8号について、2012年8月の台風10号、2002年7月の9号、1981年7月の10号と進路が類似する可能性があると発表した。  このうち2002年の9合は、南鳥島近海で、大型で非常に強い勢力に発達して西へ進み、屋久島付近を通過。400ミリ近い大雨を降らせ、死者・不明者1人、けが人2人、住宅の一部損壊20棟の被害を出したと報告されている。  また1981年10合は、紀伊半島沖から四国沖を西ヘ進み、宮崎県に上陸した記録がある。 ■今後も引き続きハザードラボ「台風マップ」で最新情報を更新します。

このニュースに関するつぶやき

  • フランシスコって、ザビエルか!? 九州にやって来るし。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定