ホーム > mixiニュース > エンタメ > 芸能総合 > 東山奈央 生誕10000日記念イベント開催、幼い“なおぼう”にファンほっこり

東山奈央 生誕10000日記念イベント開催、幼い“なおぼう”にファンほっこり

0

2019年08月02日 18:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

声優・歌手の東山奈央が、生誕10000日を記念してユナイテッド・シネマ アクアシティお台場のスクリーン3を借切ってトークイベント「虹色アニバーサリー」を開催した。
イベントは14時にスタート。ステージに現れた東山は、「誕生時刻が13時45分くらいなんです。ですから私、今、生まれたてです!」とニッコリ。「おぎゃー、おぎゃー」と赤ん坊の泣き声を真似して笑いを誘った。        

8月から、国内3都市・海外2都市を巡る1stライブツアー「LIVE Infinity」をスタートさせる東山。たまたま、生まれた日から現在までの日数を図るサイトを見た彼女は、7月末に生誕10000日を迎えることに気づき、ツアー前のタイミングでイベントをやりたい!と思い立ったという。

イベントは、「なおぼう10000日の軌跡」コーナーからスタート。これは、生誕1日目から現在までの半生を、大スクリーンに映し出す秘蔵と写真と映像で振り返るというもの。
「今日はネットには流せない画像ばっかりだから!(笑)」という本人の宣言とともに、スクリーンには、生まれたばかりの赤ちゃんだった東山の写真が大写しになった。

365日目(1歳の誕生日)には、ケーキを前にして拍手。918日目(2歳半)にはカメラに向かって「はーい」と手を上げ、1872日目(5歳)にはエレクトーンを弾く姿が。
幼い頃の「なおぼう」の微笑ましさと、本人によるユーモラスなコメントに、会場のファンはほっこり。
次のコーナーは「なおぼう10000日チャレンジ」。10000日生きてきた中で、深く関わってきた人から出題されたクイズに、東山が全問正解を目指してチャレンジするという企画だ。

第1問目から第3問目は、なんと両親と祖母からの出題。身内の問題に意外にも苦戦した東山は、自らが関わる声優ユニットのメンバーから出題された第4問目(出題者はワルキューレの西田望見)、第5問目(出題者はローダンセの西 明日香)をなんなくクリア。見事全問正解させ、賞品である1缶10000円のカニ缶を味わった。

イベントの最後には、この日初出しとなる、東山奈央×ニッパー(ビクターのマスコット)のコラボグッズ「お祝い枡酒スターターセット」発売の情報も。
「ツアー、めっちゃ気合いが入っています!! みなさんの驚く顔を見るのが楽しみです。10001日目からの私もどうぞよろしくお願いします!」という東山の挨拶で、笑顔が詰まった生誕イベントは終了した。

Text:鈴木隆詩

    あなたにおすすめ

    ニュース設定