ホーム > mixiニュース > トレンド > 東京で「自然薯・とろろ料理」を食べよう! ランチも充実の専門店

東京で「自然薯・とろろ料理」を食べよう! ランチも充実の専門店

2

2019年08月03日 11:22  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
兵庫・神戸に本店を構える自然薯・とろろ料理専門店「黒十(コクトウ)」が、東京初出店となる「黒十 恵比寿」をオープンしました。

【ギャラリー】自然薯・とろろ料理専門店『黒十 恵比寿』のメニューを見る

山野に自生する日本原産の山芋の王様“自然薯(じねんじょ)”を使ったとろろ料理や、大地の旨みたっぷりの山の幸、瀬戸内の旬の海の幸を味わえる「黒十」が、東京初出店!

名物の自然薯とろろ鍋、じっくり炊き上げる季節の釜飯、厳選した肉や魚をシンプルに味わう炭火焼などと一緒に、神戸・灘にある蔵元から取り寄せた日本酒や、ソムリエが選ぶ自然派ワインを堪能することができます。

メニューの一部をさっそくご紹介いたします。

【ディナータイムメニュー紹介(一部)】

◆自然薯(じねんじょ)
山野に自生する日本原産の「自然薯」は黒十の一番のこだわり。山芋の王様と言われ、粘り気が強く旨みが凝縮されています。黒十の“自然薯とろろ”を中心に、自然薯の味わいが堪能できます。
・自然薯の生とろろ 540円
・自然薯のお造り 750円
・自然薯のまるっと団子揚げ 780円 他

◆お鍋
自慢の出汁で旬の素材を炊き、すりおろした自然薯や長芋を回し入れて仕上げる、人気の「自然薯とろろ味噌鍋」や「長芋とろろ醤油鍋」。お鍋の〆には、雑炊やおうどんがオススメです。
・自然薯とろろ味噌鍋 1,980円
・長芋とろろ醤油鍋 1,880円
・雑炊もしくは、おうどん 500円(※各1名分)

◆釜飯
季節の食材と厳選されたお米を、専用の釜を使い、注文を受けてから、丁寧にじっくりと炊き上げる黒十名物の釜飯。四季の旬を感じる逸品です。
・瀬戸内産たことむかごの釜飯 1,800円
・鮭とイクラの釜飯 1,900円
・掛け出汁セット(出汁、ワサビ、海苔) 300円 他
※ディナータイムのコースでは「季節の釜飯」を用意。
※1釜 2〜3名分

◆炭火焼
野菜、海鮮、お肉をシンプルに、備長炭で焼き上げる風味豊かな黒十の炭火焼。凝縮された素材本来の旨みを最大限に引き出しています。
・炭火焼 お野菜 自然薯 750円
・炭火焼 海鮮 仙鳳趾産 牡蠣 850円
・炭火焼 お肉 骨付き松坂豚ロース 1,850円

◆お酒
兵庫の地ものを中心に日本各地の純米酒や吟醸酒、梅酒や果実酒もたっぷりと取り揃えてあります。料理とともに、好みの飲み物を選んでみてはいかがでしょうか?
・520円〜。
※価格表記はすべて税抜

さらに、ランチタイムには、お手頃な価格で"自然薯とろろ"を楽しめる平日限定ランチや、同店のみ味わうことのできる彩り豊かな「恵比寿御膳」まで、豊富なメニューを楽しむことができます。

【ランチタイムメニュー紹介(一部)】

・平日限定:黒十 旨味唐揚げ定食 1,000円
・平日限定:越田商店の鯖干し定食 1,000円
・ランチ御膳:恵比寿御膳 2,300円〜 他
※価格表記はすべて税抜

絶品のとろろ・自然薯でパワーチャージをしたいという人は、足を運んでみては?

【店舗概要】

◆黒十 恵比寿(コクトウ エビス)
所在地:東京都渋谷区広尾1-1-33 SPCビル 1F
定休日:不定休
営業時間:11:30〜23:30
・ランチ 11:30〜15:30(L.O.14:30)
・ディナー 17:00〜23:30(料理L.O.22:30 / ドリンクL.O.23:00)
TEL:03-6434-1025

このニュースに関するつぶやき

  • 自然薯の栽培も検討していますが、土作り〜出荷までが時間とコストが掛かりすぎて私のような兼業農家だと失敗する恐れがあるんですよね。しかし、研修も兼ねて神戸の本店には行ってみたい。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

あなたにおすすめ

ニュース設定