ホーム > mixiニュース > IT・インターネット > IT総合 > 女子高生の間で「2019年上半期」に流行したモノは? 女子大生社長・椎木里佳が解説!

女子高生の間で「2019年上半期」に流行したモノは? 女子大生社長・椎木里佳が解説!

0

2019年08月07日 17:10  J-WAVE NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

J-WAVE NEWS

写真写真
J-WAVEで放送中の『GOLD RUSH』(ナビゲーター:渡部 建)のワンコーナー「haletto GIRL'S INFO COUNTER」。8月2日(金)のオンエアでは、株式会社AMFの代表・椎木里佳が登場。2019年の若者のトレンドについて話した。

女子中高生向けのマーケティング支援などを手掛けるAMFは、先日「JC・JK流行語大賞2019年上半期」を発表した。このランキングは、コトバ部門・ヒト部門・モノ部門・アプリ部門の4つに分けられている。


■音フェチ動画を観て癒しを求める女子高生が急増?

まずコトバ部門は……。

1位「ASMR」
2位「KP」
3位「#instalove」
4位「(◯◯)」
5位「リアコ」

渡部が「一個もわからない(笑)」と言うこれらのコトバ、いったいどういう意味?

椎木:「ASMR」は、咀嚼音や耳かきの音などの音フェチ動画です。そういうものをYouTubeで観て癒しを求める女子高生が急増しています。「KP」は「乾杯」の略です。大学生とかは飲み会で乾杯のときに「KP!」と言うんです。「乾杯」は死語になっています。
渡部:「#instalove」は何ですか?
椎木:インスタグラムで「#instalove」と付けると、LGBTQやセクシャルマイノリティの方を応援するという意味で、そこだけが虹色に変化するんです。「(◯◯)」は、「(ツラい)」や「(語彙力)」のように、括弧の中に言葉を入れます。「(笑)」の進化版というか、もう少し言葉が長くなったものです。
渡部:最後の「リアコ」は何でしょうか?
椎木:「リア恋」の略です。たとえば、「リアルに渡部さんのことが好きなファンの方」とかです。そのファンの方が「私、渡部さんのリアコなんだよね」というふうに使います。


■少年院に入っていたアイドル

ヒト部門は……。

1位「横浜流星」
2位「IZ*ONE」
3位「戦慄かなの」
4位「井手上漠」
5位「Official髭男dism」

この投稿をInstagramで見る

戦慄かなのさん(@cv_kanano)がシェアした投稿 - 2019年 7月月12日午前7時05分PDT



3位にランクインした戦慄かなのは、過去に少年院に入っていた経歴があるアイドルだ。可愛らしい見た目とは裏腹に毒舌で、女子中高生から人気を博している。

この投稿をInstagramで見る

井手上 漠さん(@baaaakuuuu)がシェアした投稿 - 2019年 7月月23日午前5時18分PDT



4位の井手上漠は“可愛すぎるジュノンボーイ”として話題になっている。渡部も仕事のしたことがあるのだとか。


■日焼け止めでメイクをしたように見せる

モノ部門は……。

1位「ハンディファン」
2位「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」
3位「#アオハル」
4位「じゃがアリゴ」
5位「トーンアップ日焼け止め」

ハンディファンは小さな扇風機のこと。渡部によると、女子中高生だけでなく仕事の現場でメイクやスタイリストが持っている姿をよく目にするとのこと。3位の「#アオハル」とはプリントシール機の名称だ。「通常のプリントシール機よりも大きく、カメラを自分で動かせるんです。ちょっと自撮り要素があります」と言う。

5位の「トーンアップ日焼け止め」は、塗ると肌のトーンがアップしたように見える日焼け止め。女子中高生は学校で化粧が禁止されることが多いため、「トーンアップ日焼け止め」を使ってメイクをしたように見せると解説した。


■もはや“盛る”のはマナー

最後のアプリ部門のランキングは……。

1位「SODA」
2位「Ulike」
3位「Snapchat(赤ちゃんフィルター)」
4位「AbemaTV」
5位「V live」

椎木:「SODA」と「Ulike」は「SNOW」とすごく似ています。写真を撮るときにすでに盛れているというアプリなので、(みんなで撮るときに)スマホに内蔵されているカメラで撮ることはマナー違反なんです(笑)。「SODA」か「Ulike」で撮らないといけない、という風潮になっています。
渡部:「Snapchat」も加工アプリですよね?
椎木:「Snapchat」自体は3年前くらいから流行しているので、今回は顔が赤ちゃんっぽく加工される「赤ちゃんフィルター」だけがランクインしました。「V live」は韓国のアイドルとかが生放送をするアプリです。「インスタライブ」の韓国版みたいな感じです。

最後に椎木は、2019年上半期の流行から感じることについて、「『SODA』や『Ulike』というアプリを中心に、女子中高生は“盛る”ということがマナー化している。あとは、『赤ちゃんフィルター』などでもわかるとおり、ストーリーで拡散することを前提としたモノに対して敏感であったと思います」と語った。この傾向は下半期も強くなっていくと予想される。今後も注目してみてほしい。

「JC・JK流行語大賞2019年上半期」

■「JCJK調査隊」について
女子大生社長・椎木里佳が運営する、“世界に日本のJKのかわいい文化”を発信する約100名の女子中高生マーケティングチーム。市場調査や、企業の商品開発サポートなどを行っています。主な活動は、クライアント企業との座談会やアンケート調査など、JCJK調査隊としてのメディア出演もあります。

■株式会社AMF 概要
会社名 :株式会社AMF
代表者 :代表取締役 椎木里佳
事業内容 :10代向けマーケティング業務・JCJK調査隊の運営、企画・商品企画、開発業務・各種イベントの企画、制作
URL :http://amf.tokyo.jp/

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『GOLD RUSH』
放送日時:毎週金曜 16時30分−20時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/goldrush

    あなたにおすすめ

    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定